F1:ボブ・ファーンリー、FIAシングルシーター委員会の委員長に就任
元フォース・インディアF1の副チーム代表を務めたボブ・ファーンリーが、FIAのシングルシーター委員会の委員長にに任命された。

同ポジションは、これまでステファノ・ドメニカリが務めていたが、今後ドメニカリはチェイス・キャリーに代わってF1の最高経営責任者に就任。後任としてボブ・ファーンリーがそのポジションに就くことになった。

ボブ・ファーンリーは、ビジェリ・マリヤがスパイカーF1を買収してフォース・インディアが誕生して以降、10年以上チームに従事してきた。

しかし、ローレンス・ストロールがチームを買収してオーナーシップが変わった2018年夏に副チーム代表の役割を辞任していた。

その後、ボブ・ファーンリーは、2019年のマクラーレンのインディ500参戦の準備を監督したが、フェルナンド・アロンソの予選敗退を受けてチームを去った。

FIAシングルシーター委員会は、最近、ジュニアレースシーンと一連のフィーダーシリーズの再構築に尽力してきた。

ステファノ・ドメニカリの前任者であり、元フェラーリとマクラーレンのドライバーであるゲルハルト・ベルガーは、ヨーロッパF3の復活と、グローバルシリーズとしてのF4を監督しました。

シングルシーター委員会での在職中、ステファノ・ドミニカリは、ヨーロッパF3とGP3シリーズの合併を監督し、現在のFIA F3選手権を形成しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA