FIA
FIA(国際自動車連盟)は、F1スーパーライセンス取得に必要なスーパーラインセンスシステムの各カテゴリーの2020年の割り当てを変更した。

F1に参戦するにはスーパーライセンスを取得しなければならない。取得するためには過去3年間でスーパーライセンスポイントを40ポイント点以上獲得しなければならない。

また、有効な運転免許を持っていること、18歳以上であること、F1のスポーティングレギュレーションに関する知識を有していること、さらには現行あるいは最近のF1マシンで300kmのテスト走行を行うこと、下位フォーミュラに最低でも2年間参戦した経験が必要になる。

スーパーライセンスポイントが導入された背景には、2014年にはマックス・フェルスタッペンが17歳でトロ・ロッソからF1デビューしたことがある。マックス・フェルスタッペンは、運転免許を持っておらず、ヨーロッパF3選手権を1年戦っただけでのF1へステップアップを果たしていた。

FIAは毎年スーパーライセンスポイントの基準を見直しているが、今回の変更では、女性だけのレースシリーズであるWシリーズ、ユーロフォーミュラ・オープン、そして、全日本F3代わる全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権、フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップなどが追加された。

1st2nd3rd4th5th6th7th8th9th10th
FIA Formula 24040403020108643
Indy Car40302010864321
FIA Formula 3302520151297532
FIA Formula E Championship30252010864321
FIA WEC (LMP1 only)3024201612108642
Formula Regional European Certified by FIA25201510753210
Japanese  Super Formula25201510753210
FIA WEC -LMP220161210864200
DTM20161210753210
Japanese Super GT20161210753210
F3 Regional Asian certified by FIA18141210643210
F3 Regional Americas certified by FIA18141210643210
F3 Regional Japanese Championship certified by FIA18141210643210
IMSA Prototype1814108642100
FIA WTC; / FIA WTCR1512107532100
International Supercars Championship*1512107532100
NASCAR Cup1512107532100
Indy Light1512107532100
W Series1512107532100
Formula Renault Eurocup1512107532100
Euroformula Open1512107532100
Japanese Super Formula Lights1512107532100
National FIA Formula 4 Championships121075321000
Asian/ELMS Prototype10864200000
FIA WEC-LMGT-Pro10864200000
FIA WEC-LMGT-Am10864200000
IMSA GTLM10864200000
Asian Winter Series10753100000
National  F3 Championships10753100000
Indy Pro 200010753100000
NASCAR National10753100000
  Toyota Racing Series New Zealand10753100000
International GT3 Series6420000000
FIA karting World Championships in Senior Cat.4321000000
FIA karting Continental Championships in Senior Cat.3210000000
FIA karting World Championships in Junior Cat.3210000000
FIA karting Continental Championships in Junior Cat.2100000000


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA