F1 2021年F1レギュレーション
F1は、2021年に導入する新しいF1レギュレーションを確定させる最終期限を10月まで延期させるようだ。

先週のF1カナダGPで2021年のF1レギュレーションで最も重要な技術規則と商業面についての草案がチームに提出された。しかし、F1チームとの会議を経て、リバティ・メディアとFIAは、2021年の様々な提案を凍結させるにより多くの微調整が必要との結論に達したという。

だが、ルノーは当初の6月の最終期限を守ることを指示しており、状況が複雑化する可能性がある。FIAの競技規則では、10月に期限を延長するためには全チームによる全会一致の賛成が必要となる。

レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、詳細を明確化し、磨き上げるために、すべての関係者による技術レギュレーションの議論を延長することに賛成だと語る。

「リバティ・メディア、(FIA会長ジャン)トッド、そして、F1チームとの間で非常に建設的な議論が行われた。確定期限を10月に延期するための話し合いだ」とクリスチャン・ホーナーは Sky F1 に語った。

「原則は基本的に合意されている。だが、そのようなことの悪魔は細部に潜んでいる」

「F1を前進するための道として原則は完全に正しいが、一部の詳細については、参加したすべての関係者とじっくりと磨き上げることで利益を得られるであろう少し未熟な部分がある」

提案された2021年F1レギュレーションの草案では、2021年から2025年の間の年間予算そ1億7500万ドルに制限すること、また木曜日のメディアセッションを金曜日に移行し、金曜日以降はマシンに変更を加えられないことなどが盛り込まれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / リバティ・メディア