F1 トークン
FIAは、2016年開幕戦までに各F1エンジンメーカーが使用したトークン数を明らかにした。

レギュレーション変更により、2016年はメルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダの全4社がシーズン終了までに32トークンを使用してパワーユニットの開発を行うことが許されており、開発エリアの制限もなくなった。

FIAの発表によると、フェラーリは開幕前にすでに23トークンを使用、シーズン中の開発には9トークンしか残していない。メルセデスは19トークン、ホンダは18トークを使ったが、ルノーは7トークンしか使用しておらず、まだ25トークンを残している。

今年、ワークスチームとしてF1に参戦するルノーは、パワーユニットの改善によってすでに0.5秒の改善があると自信を見せており、長期的な改善を見据えている。

F1エンジンメーカー:トークン使用数

フェラーリ:23トークン (残り9トークン)
メルセデス:19トークン (残り13トークン)
ホンダ:18トークン (残り14トークン)
ルノー:7トークン (残り25トークン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA