F1韓国GP
FIAは、暫定ではあるが、F1韓国GPに復活し、21戦で争われる2015年のF1カレンダーを発表した。

FIAが公表した最新のF1カレンダーでは、F1韓国GPが5月3日に組み込まれた。その一週間後はF1スペインGPが組まれており、F1チームにとっては輸送が頭痛のタネになるだろう。

F1チームは、20戦以上の開催に難色を示しており、F1韓国GPは不人気でカレンダー落ちした経緯もあることから、すでに実現に対しての疑念が高まっている。

また、F1中国GPが4月12日の第3戦に移動。F1バーレーンGPが4月19日の第4戦へと変更になった。

2015年 F1カレンダー

グランプリ開催日
開幕戦F1オーストラリアGP3月15日
第2戦F1マレーシアGP3月29日
第3戦F1中国GP4月12日
第4戦F1バーレーンGP4月19日
第5戦F1韓国GP5月3日
第6戦F1スペインGP5月10日
第7戦F1モナコGP5月24日
第8戦F1カナダGP6月7日
第9戦F1オーストリアGP6月21日
第10戦F1イギリスGP7月5日
第11戦F1ドイツGP7月19日
第12戦F1ハンガリーGP7月26日
第13戦F1ベルギーGP8月23日
第14戦F1イタリアGP9月6日
第15戦F1シンガポールGP9月20日
第16戦F1日本GP9月27日
第17戦F1ロシアGP10月11日
第18戦F1アメリカGP10月25日
第19戦F1メキシコGP11月1日
第20戦F1ブラジルGP11月15日
最終戦F1アブダビGP11月29日



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / F1韓国GP