F1
F1が、2014年からタイトル争いをより長く継続させることを狙い、最終戦で2倍のポイントを与えられることになる。

この動きは、月曜日にパリで開催されたF1戦略グループとF1委員会によって同意された。

FIA世界モータースポーツ評議会は、このような場合の規約変更のための権限をF1戦略グループとF1委員会に与えており、このシステムは自動的に規約の一部となる。

FIAの声明によると、規約変更は「キャンペーンの最後までチャンピオンシップへの関心を最大化するため」に同意されたと記載されている。

このシステムは、ドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権の両方に適用され、2014年の最終戦のウィナーには50ポイント、2位には36ポイント、以下10位まで通常の2倍のポイントが与えられる。

近年、このシステムが実施されていれば、2008年と2012年のタイトルの結果は変わることになる。

2008年の最終戦で優勝したフェリペ・マッサがタイトルを獲得し、2012年は2位に入ったフェルナンド・アロンソがタイトルを獲得することになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA