フェラーリ GTC4ルッソ
フェラーリは、「GTC4ルッソ(GTC4Lusso)」をジュネーブモーターショーで発表した。

新型 Ferrari GTC4Lussoは、4シーター・コンセプトを再解釈したマラネッロの最新モデル。あらゆる走行状況で卓越した性能を発揮するだけでなく、ドライバーとパッセンジャーの両方にスポーティー・エレガンスとラグジュアリーな快適性を提供する。

GTC4ルッソのネーミングは、330GTC および、その 2+2 モデルである 330GTC、そして究極性能とスタイリッシュなデザイン、洗練された素材とクラフトマンシップのすべてを実現させた250GT Berlinetta ルッソといった輝かしいモデルに由来している。

GTC4ルッソには、圧倒的パワーと効率を両立させたフェラーリ最新のV型12気筒の自然吸気GTエンジンが搭載されている。このエンジンは、高速走行時にはスリリングな、またツーリング時には控え目ながら耳に心地よいサウンドトラックを響かせる。

すべてのフェラーリ・モデル同様、GTC4ルッソには、ロー・グリップ路での卓越したハンドリングを可能とし、あらゆる状況で優れた安定性とレスポンスを約束する、フェラーリ独自の特許技術4RM−Sを初めとした多数の革新技術を搭載されている。

またスロッテッド・ディフューザーをはじめ、ハッチと一体化したリアスポイラー等によって、CD値の低減とエアロダイナミクス効率の改善を狙った新開発のソリューションも導入された。

こうして、スポーツ性とグランドツアラー的要素をさり気なく融合させたGTC4ルッソの極めてユニークなフォルムには、独特の優雅さと高級感が漂う。

究極の洗練されたキャビンは、乗る人を中心にすべてデザインされている。実際、このデュアルコックピット・コンセプトは、ドライバーだけでなくすべてのパッセンジャーがより高レベルのドライビング体験を共有できるようデザインされている。新たなコンセプトでデザインされたセンター・クライメイト・コントロールベントをはじめ、最新のナビ・メディア・システムなど、キャビンの快適性の改善に力が注がれている。

Ferrari GTC4Lusso GTC4Lusso

Ferrari GTC4ルッソ 主要諸元


エンジン
形式 V12−65°
総排気量 6,262cc
ボア・ストローク 94mmx75.2mm
最高出力(*) 507kW(690CV)/8,000rpm
最大トルク(*) 697Nm/5,750rpm
最高エンジン回転数 8,250rpm
圧縮比 13.5:1

サイズ&重量
全長 4,922mm
全幅 1,980mm
全高 1,383mm
空車重量(**) 1,920kg
乾燥重量(**) 1,790Kg
重量配分 47%フロント−53%リア
トランク容量 800/450L
燃料タンク容量 91L

タイヤ&ホイール
フロント 245/35 ZR20;8.5” Jx20”
リア 295/35 ZR20;10.5” Jx20”

ブレーキ
フロント 398mmx38mm
リア 360mmx32mm

トランスミッション/ギアボックス
4RM EVO/4WS/7速 F1 DCT/E−Diff

電子制御
SSC4/CST 統合 F1 TRAC

性能
最高速度 335km/h

0−100km/h 3.4秒
0−200km/h 10.5秒
100−0km/h 34m
200−0km/h 138m

出力乾燥重量比 2.6kg/cv
燃料消費量 15L/100km
CO2排出量 350g CO2/km

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ