ロバート・シュワルツマン、フェラーリF1恒例のプライベートテストを開始
フェラーリF1のリザーブドライバーであるロバート・シュワルツマンは、火曜日にフェラーリのフィオラノ施設でプライベートテストを開始した。

例年、スクーデリア・フェラーリは、1月下旬にF1ドライバーと一部の若手ドライバーを対象に、F1レギュレーションで認められている旧型のF1マシンを使った数日間のテストを開催している。

ロバート・シュワルツマンは、フェラーリF1の2021 年マシンである SF21 のハンドルを握り、マラネッロで大部分が寒く雨に濡れたコンディションで 87 周を完了した。

この日は、フェラーリ・ドライバー・アカデミーのマヤ・ヴォーグ、オーレリア・ノベルス、アーサー・ルクレールが、ガレージでF1チームの運営を見学していた。

2021年のFIA-F2でランキング2位だったロバート・シュワルツマンは、今年、アントニオ・ジョビナッツィとともにフェラーリF1のリザーブドライバーの役割を分担する。

ロバート・シュワルツマンは、2023年のGTワールド チャレンジ ヨーロッパ エンデュランス カップに復帰する予定で、オフシーズンにはインディカーのテストも行っている。

フェラーリF1のレギュラードライバーのカルロス サインツは、水曜日に SF21 をテストする予定となっている。

フェラーリF1のまだ名前が公表されていない2023年F1マシンを2月14日に発表する。。

アルファタウリF1も、火曜日にF1エミリア・ロマーニャGPの舞台である近郊のイモラ・サーキットで活動し、角田裕毅が2021年マシンのAT02をドライブした。

ロバート・シュワルツマン F1 スクーデリア・フェラーリロバート・シュワルツマン F1 スクーデリア・フェラーリロバート・シュワルツマン F1 フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ