フェラーリF1代表 「わずかな予算上限超過でも0.5秒の価値がある」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1チームが予算上限を“わずか”に破っただけでも、1周あたり0.5秒のパフォーマンス向上につながる可能性があると語った。

FIA(国際自動車連盟)は、水曜日に2021年の各F1チームの予算上限の監査結果を発表する予定となっている。

先週末のF1シンガポールGPを前に、レッドブルとアストンマーティンが F1のコスト上限規制を破ったという噂がパドックに流れたが、両チームはその主張を否定している。

憶測のほとんどは、FIAによって1億4500万ドルに固定された2021年の予算を大幅に超過したと考えられているレッドブルを中心に転嫁しており、アストンマーティンの違反は軽微、もしくは手続き上の問題だけである可能性が高いとされている。

しかし、フェラーリのF1チーム代表を務めるは、5%または約700万ドルの予算上限超過を意味する軽微な違反であっても、そのような金額がもたらす潜在的なパフォーマンスの観点から過小評価してはならないと主張している。

「判断を下す前に水曜日まで待とう。だが、我々が話している金額がどんなものであれ、たとえそれが軽微な違反と見なされるもののカテゴリーに分類される400万であったとしても、400万は軽微ではないことを理解することが重要だ」とマッティア・ビノットはSky Italiaに語った。

「我々にとって400万はシーズン全体の開発パーツを表している。400万は技術部門の70人が1周あたり最大0.5秒の価値があるソリューションを考え出し、生み出せることを意味する」

「そのため、軽微な違反と見なされるものを見ているとしても、それはピーナッツ(安価)ではない」

「我々は0.5秒のアドバンテージについて話しているが、そのアドバンテージは2021年に始まったが、2022年と2023年にまだ競争上のアドバンテージを与えているので、それは明らかに重要な問題だ」

「それは一般的な信頼を危険にさらすことになる。誰もがこの手段に正しく対処したことを願っている。そうでなければ、対処するのが非常に大きな問題になるからだ」

F1の予算上限制度の信頼性について、フェラーリF1のスポーティングディレクターであるローラン・メキーズは、FIAの監査結果はF1の財務規制の「重要なテスト」になると語った。

「これは、コスト上限の非常に重要なテストだ」とローラン・メキーズは述べた。「そして、我々が言ったように、そのテストに合格しなければ、その影響は非常に大きいため、おそらくゲームオーバーだ」

「今、ペナルティについて話すべきか? おそらくそうではないだろう。おそらくそれがグランドスタンドの人々が見たいと思っているものであり、我々はそれを尊重している」

「しかし、実際には、我々はそれよりもはるかに早い時期にプロセスを進めており、おそらくそのさらに重要な側面は、違反があるかどうかだ。我々が違反の内容について同意し、その結果として、全員がルールに従っているかを確認するかどうかだ」

「今非常に重要なことは、FIAが現在書かれているルールを完全に施行することだと思う。ペナルティの後はまた別の問題だ」

ローラン・メキーズは、シーズンの終了からほぼ1年後にチームに認証を発行することには問題があることを認めた。

「これらの規制のマイナス面の1つであることはわかっていると思うが、我々が見ているように、これらの規制にはより多くの利点と欠点があることも分かっている」とローラス・メキーズは語った。

「そして、おそらく、それにはさらに重要な問題もある。それは、次のチャンピオンシップにどのアドバンテージを持ち越すのかということだ。おそらく、我々がそれが我々が最初に答えを望んでいることだ」

「では、2021年に違反があった場合、2022年にどのような利点がもたらされるか? そして2023年にどのような利点がある? その後、ペナルティのタイミングについて話し合うことができる。ペナルティをどのように意味のあるものにするか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ