フェラーリ、ロバート・シュワルツマンをF1アメリカGPのFP1に起用
スクーデリア・フェラーリは、F1テストドライバーを務めるロバート・シュワルツマンをF1アメリカGPのFP1に起用することを発表した。

ロバート・シュワルツマンは、シーズンを通してヤングドライバーに最低2回のFP1セッションを提供する義務の一環として、サーキット・オブ・ジ・アメリカズでの金曜日のプラクティス1で、シャルル・ルクレールまたはカルロス・サインツJr.のいずれかのF1-75を引き継いでグランプリ週末デビューを果たす。

スクーデリア・フェラーリのレースディレクターを務めるローラン・メキーズは、23歳になるロバート・シュワルツマンが2回のルーキーFP1セッションの両方でステアリングを握ることを明らかにしたが、2回目のプラクティスセッションの場所はまだ決定されていない。

「我々にとって、2回のFP1を担当するのはロバート・シュワルツマンだ」とローラン・メキーズはハンガリーで語った。

「どのイベントになるかはまだ決まっていない。シンガポールのようなレースや、レースドライバーがもっと走る必要があるレースを選ぶことはないだろう。ピレリのテストがある週末にそれを行うことは問題があるとは思わない」

2019 年にFIA F3でチャンピオンを獲得したロバート・シュワルツマンは、昨年の FIA F2選手権でプレマでチームメイトのオスカー・ピアストリに次いでランキング2位でシーズンを終えたし。

ロバート・シュワルツマンは今年F2に復帰しなかったが、代わりにフェラーリのF1テストドライバーの1人としてシミュレーターでレースチームを助けている。

また、昨年12月のアブダビの若手ドライバーテストで、フェラーリSF21とハースVF-21の両方を試乗し、F1マシンの実際の経験を持っている。

イスラエルのテルアビブ生まれのロバート・シュワルツマンは、ロシアからイスラエルのレーシング ライセンスに切り替えることでF1グランプリ週末に参加することが許可される。

F1アメリカGPでは、アメリカ出身のローガン・サージェントがウィリアムズF1チームのセッションに参加し、同じくF1週末デビューを果たし、2015年のアレクサンダー ロッシ以来、F1 セッションに参加するアメリカ人になる。

現在、カーリンからF2に参戦してランキング3位につけているローガン・サージェントは、昨年の10月にウィリアムズ・アカデミーに参加し、アブダビでのF1のポストシーズンテストで初めてF1マシンを体験した。

ローガン・サージェントはニコラス・ラティフィのFW44を60 分間のセッションで引き継ぐ。ウィリアムズF1チームはニック・デ・フリースがバルセロナでチームのためにドライブした後、今年2回目のルーキーFP1セッションとなる。

ロバート・シュワルツマン F1 アメリカグランプリ スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1アメリカGP