フェラーリF1 「チームオーダー論争は外野が騒いでいるだけ」
スクーデリア・フェラーリは、チームはF1ドライバーを同等に扱うことを目指しており、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.の間でのチームオーダーの使用について「フェラーリの内部よりも外部で議論されている」と感じている。

新しいF1レギュレーションが導入された2022年の早い段階で両方のチャンピオンシップで首位に立っていたフェラーリだったが、13戦を終えた段階でマックス・フェルスタッペンとレッドブルに大差をつけられ、タイトルの希望は薄れているように見える。

シャルル・ルクレールは、スペインとアゼルバイジャンでのリタイアでポイントを落とし、フランスではリードしている間にスピンアウト。残り9レースでドライバーズチャンピオンシップでマックス・フェルスタッペンに80ポイント差をつけられている。フェラーリとしても、コンストラクターズランキング首位のレッドブルに97ポイント差をつけられている。

今年、フェラーリは、シャルル・ルクレールを優先し、カルロス・サインツJr.を使ってルクレールのタイトル獲得を支援するかどうかを定期的に尋ねられてきたが、チームは常に、そのような検討を行うのは時期尚早だと強調してきた。

今年のチームオーダーに対するフェラーリのアプローチについて質問されたスポーツディレクターのローラン・メキーズは、この問題はマラネロよりも外野で行われていると感じている。

「フェラーリの内部よりもフェラーリの外部で議論されていると言うあなたは正しい」とローラン・メキーズは語った。

「しかし、もっと真面目に話せば、我々は常に非常に明確だった。チームにとって最高の結果を出すことを目標にしている。フェラーリが先にくる」

「もちろん、チャンピオンシップのポジションが必要な場合は、他のドライバーと比較して、ドライバーにもっと集中する必要があるポイントがくるだろう」

「だが、それは数学的な違いを待っているという意味ではなく、そうするのが正しいことだと思うシーズンのポイントを意味する」

カルロス・サインツJr.は、7月のF1イギリスGPでF1初勝利を収めた。フェラーリは戦略を分割し、新品タイヤのためにサインツをピットインすることを選択し、セーフティカーのリスタートの後にシャルル・ルクレールをパスした。

F1ハンガリーGPでは、レースの途中にシャルル・ルクレールにハードタイヤを装着してリードを失って6位に後退し、フェラーリは戦略について批判に直面した。

その1レース前のF1フランスGPでも、フェラーリは、戦略について擁護をしていた。終盤にカルロス・サインツJr.をピットインさせて、ペナルティを消化し、タイヤを新品にする必要があったが、無線メッセージではピットウォールに混乱があることを示唆していた。

ローラン・メキーズは、ポール・リカールでのカルロス・サインツJr.への無線メッセージは、タイミングが遅れて放送されており、それは「チームの内外で状況がいかに異なって見えるか」について良い例であり、認識された混乱は「単に無線メッセージが実際に起こってから30~40秒後に放送された結果だ」と述べた。

「そこに戻らなければならないとしても、我々はカルロスにまったく同じようにコールし、まったく同じようにピットストップを行うだろう。それは今日の複雑なスポーツでは、戦略の背後にある理由を理解することがいかに難しいかを示している」とローラン・メキーズは語った。

「とは言え、今年はかなりのポイントを失った。信頼性に問題があり、改善する必要があることがいくつかある。我々はそれに非常に懸命に取り組んでいる」

「競争の激しい世界であるため、プレッシャーは常に最大であり、プレッシャーが高まることはない。いじれにしろ、それは我々が好んでいることだ」

「だが、それはポジティブなプレッシャーであり、レースごとに改善するよう我々を後押ししている」

スクーデリア・フェラーリ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ