ミカ・ハッキネン 「フェラーリF1は自身に満ちたレース戦略をみせた」
元F1王者のミカ・ハッキネンは、スクーデリア・フェラーリがF1タイトルの希望を維持するためには、オーストリアで行ったようなパフォーマンスを続けなければならないと語る。

ミカ・ハッキネンは、チャンピオンシップリーダーのホームレースでスクーデリア・フェラーリがレッドブルを上回った方法が、シーズン後半の戦いに自信を与えると信じている。

スクーデリア・フェラーリは、レッドブルリンクでレッドブルのペースと戦略に答えた。シャルル・ルクレールはオーストリアグランプリのかなり早い段階からフェルスタッペンを簡単に追い抜くことができ、レッドブルの戦略を無力化した。

「フェラーリは今週末の直接対決でレッドブルを破った。それはシーズンのこの中間点で彼らに大きな自信を与えるだろう」とミカ・ハッキネンはUnibetのコラムに書いた。

「フェラーリはレッドブルと戦うために必要なストレートを見つけるために一生懸命努力してきたが、週末には通常レッドブルに適したサーキットでタイヤのパフォーマンスが向上していることもわかった」

レッドブルの挑戦はタイヤの過度のデグラデーションによって妥協を強いられた。ミカ・ハッキネンはオーストリアの会場の特徴がより長いレースディスタンスでフェラーリを支持していたようだと語った。マックス・フェルスタッペンは予選で最速であり、スプリントでも快適な勝利を収めた。

「タイヤのパフォーマンスはF1で非常に重要であり、フロントグリップとリアグリップのどちらを重視するか、そして、それらの間のバランスを重視するかどうかにかかわらず、サーキットのタイプに大きく依存する」とミカ・ハッキネンは述べた。

「オーストリアのコースでは、リアタイヤの摩耗がフロントよりも大きくなる傾向があり、それがフェラーリに有利に働いた」

「マックスはポールポジションを獲得するために土曜日にスプリントに勝ったが、シャルルはすでに彼の車が日曜日の勝利に挑戦するパフォーマンスを持っているのを見ることができた。彼はチームのラジオでもそう言っていた! そのため、マックスは力強くレースをスタートしましたが、シャルルはマックスのリアタイヤが苦戦したため、完全に射程圏内に収め、かなり簡単に追い越すことができた」

フェラーリは積極的なレッドブルの戦略によって何度も捕らえられてきた。最も適切な例は、レッドブルが初期のフェラーリ1-2を覆しし、セルジオ・ペレスが勝利を収めたモナコグランプリだ。

しかし、ミカ・ハッキネンは、日曜日のレースに対するフェラーリの穏やかなアプローチは、そこに自信があることを示していると信じている。

「フェラーリのレース戦略は今年いくつかの問題を引き起こしたが、日曜日はそうではなかった」とミカ・ハッキネンは語った。

「マックスが2ストップ戦略に切り替わるのを見たとき、彼らはそれに従ったが、かなり後にピットストップを行うことで、常に強力なタイヤアドバンテージを維持した。これは、フェラーリが常にレッドブルに挑戦するために維持する必要のあるある種の自信に満ちた戦略だ」

セルジオ・ペレスとカルロス・サインツがリタイアしたため、レッドブルとフェラーリの両方が車のリタイアに見舞われたが、ペレスのリタイアは接触によるダメージ、サインツはパワーユニットの故障だった。

信頼性は依然としてフェラーリにとって疑問符であり、ミカ・ハッキネンはそこがフェラーリが集中する必要のある分野であると述べた。

「カルロスのエンジン故障は、フェラーリがまだ信頼性についてやるべきことがあることを示しており、問題がどこにあるのかを彼らが知っておく必要があると確信している」とミカ・ハッキネンは語った。

「シャルルが、マックスとのギャップを埋めるには、そのような故障が発生する余裕はない。実際、世界選手権でのポイント差を本当に縮めるためには、マックスがフィニッシュしないレースが必要となる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1オーストリアGP