フェラーリF1代表 「予算上限の関係で次のアップグレードはイギリスGP」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマティア・ビノットは、次の大きなアップグレードパッケージを投入するのはシルバーストンだと述べ、予算上限の影響によってすべてのレースに改善をもたらすことが妨げられていると認める。

F1チームは、今シーズンを1億4000万ドルの予算制限の下で運営する必要があり、2021年と比較して500万ドルの引き下げと、高い世界的なインフレとの組み合わせによって、以前の支出レベルと比較して金欠の苦しみを味わっている。

その結果、マッティア・ビノットは、スクーデリア・フェラーリが次の大きな改善を計画しているのは7月のシルバーストンであり、アゼルバイジャンとカナダではほぼ同じパッケージを走らせることになると述べた。

「予算上限が、我々にできるかことを何らかの形で決定していると思う」とマッティア・ビノットは語った。

「我々はそれを注意深く見る必要があり、お金を無駄にしないようにする必要がある。なぜなら、それは単純にできることではないからだ」

「重要なアップグレードが完成したら、アップグレードを投入することになる。すべてのレースでピースをもたらせるわけではない」

「それを踏まえて、今後のレースを見なければならないと思う。モナコではステアリングアングル用の新しいフロントサスペンションを持ち込み、シティサーキットであるバクーがある」

「したがって、いくつかの開発が到着するのはイギリス周辺になると思う」

マッティ・ビノットは、現在のインフレ率を理由に予算上限の引き上げを提案した数人のチーム代表の1人だが、ハースF1チームのギュンター・シュタイナーは、予算上限の引き上げは、より大きなチームが車を改善し、残りのフィールドとの「ギャップを広げるのに役立つ」と信じている。

しかし、マッティ・ビノットは、何ができるか、何ができないかについてはまだ明確になっておらず、F1チームが現在の予算を超えた場合に何が起こるかについても不確実性につながる可能性があると推論した。

「単純に予算上限に収まる方法はないと思う」とマッティア・ビノットは認めた。

「したがって、ある段階で超えることになると確信している。レギュレーションには5%のしきい値がある」

「5%を超えない場合、予算上限のしきい値に加えて、軽微な違反と見なされる。そして、不可抗力の場合の軽微な違反は何か? スチュワードとFIAはペナルティの観点からそれをどのように決定するのか?」

「私には分からないが、我々にとって、そして、多くのチームにとって、単に上限内に留まるために、人々を解雇することさえあるかおしれない。それは良い選択ではないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ