フェラーリF1代表 「レッドブルとの差は最大でもわずか0.2秒」
スクーデリア・フェラーリは、ライバルであるレッドブル・レーシングに対して0.2秒しか失っていないと考えており、そのギャップを埋めることに着手している。

レッドブル・レーシングが、エミリア・ロマーニャGPで導入した空力の微調整と軽量化を中心としたアップグレードパッケージは、ペースにアドバンテージを与えたようだ。

マックス・フェルスタッペンは、イモラでグランドスラムを達成する完全勝利をおさめ、先週末のマイアミでも再び優勝。一時は46ポイントまで広がっていたランキング首位のシャルル・ルクレールとの差を19ポイントまで縮めた。

スクーデリア・フェラーリはこれまでアップグレードの導入を控えてきたが、次戦スペインGPに向けて最初の主要な開発パッケージを投入することが期待されている。

レッドブル・レーシングは、チャンピオンシップのチャージで勢いを増しているように見えるが、スクーデリア・フェラーリチームのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、状況にそれほど心配していないと主張している。

「パフォーマンス評価の観点から、そして、彼ら(レッドブル)が我々と比較してどれだけ発展したかという点で、それは懸念事項か? 私はそうは言わないだろう」とマッティア・ビノット彼は言った。

「差はそれほど大きくないと思っている。最大で0.2秒の問題であり、マイアミで我々がフロントローをロックしたことを忘れてはならない」

「予選では、レッドブルに比べて我々の方がパフォーマンスが良かったので、全体として、週末はレッドブルとフェラーリの間に大きな差はなかったと思う」

「懸念があるとすれば、それは予算の上限を考慮して彼らがどれだけ発展しているかだ。しかし、懸念以上に、ある段階で彼らをストップする必要があるので、それは希望かもしれない」

フェラーリとレッドブルの間にはわずかなペースの差だけでなく、最大のコントラストは、実際には2台の車がラップタイムを達成する方法にある。

通常、レッドブルはストレートで速く、フェラーリはコーナーで優位に立っている。

しかし、シャルル・ルクレールは、フェラーリが初期の段階で重要な強みだったタイヤデグラデーションがレッドブルよりも悪化しているように見える理由を深く掘り下げる必要があると考えている。

「レースでは、特に軟らかい方のコンパウンド、ミディアムとソフトで、すでに2レースでレースペースの観点から彼らの方が少し強く、それらのタイヤをよりうまく管理しているように見える」とシャルル・ルクレールは語った。

「予選では、常にそれらのタイヤを正しいウィンドウに入れることができていたし、それは僕たちの助けになっている。しかし、ロングランでは、彼らと比較してもう少し苦労している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レッドブル