フェラーリF1 「2強との差を楽に縮められると考えるほど無知ではない」
フェラーリF1は、メルセデスとレッドブルが2021年のF1ワールドチャンピオンを最後まで争ったことで、新しいレギュレーションが導入される2022年に2チームとのギャップを埋めることが容易になると考えるほど“世間知らず”ではないと語る。

今年、完全に新しい技術規則が導入されることで、F1チームは2021年シーズンの早い段階でリソースの大部分を2022年の設計に振り分けることを余儀なくされた。

フェラーリF1は、まったく新しいF1マシンの開発を妥協しないように割り切ったシーズンとなったが、メルセデスとレッドブルは最終戦までタイトルを争い、おそらく2021年F1マシンにより多くの時間とリソースを費やすことを余儀なくされた。

しかし、フェラーリF1のスポーティングディレクターを務めるローランメキーズは、昨シーズンのメルセデスとレッドブルの努力が、2つのチームの2022年のプログラムに悪影響を与えるとの見解を疑っている。

「彼らは2021年に開発しなければならなかったと確信している」とローラン・メキーズは語った。

「しかし、彼らはどちらも素晴らしい組織だ。それは結果を見るだけで十分だ」

「したがって、私は、素晴らしい2022年のマシンを生産する彼らの能力を1秒間たりとも過小評価することはない」

「確かに彼らは2021年にもっとお金をかけなければならなかったが、過去10年間に彼らが生み出した結果を見れば、簡単にギャップを縮められると考えるのは非常に世間知らずである必要がある」

「結局のところ、まだギャップを埋めなければならないからね」

「我々でさえ、現状と2022年マシンの数値を比較して見れば、それらの人たちと比較してコンマ数秒遅い部分がある場合、彼らとのギャップに加えてそのギャップを縮める必要がある」

「だから彼らのことをあまり心配しない」

フェラーリF1は、コンストラクターズ選手権の3位をかけたマクラーレンとのバトルを制したが、2022年の開発プログラムに影響はなかったと語る。

「今年の後半に我々が行った唯一の開発はハイブリッドだった。これは来年も使用するものだ」とローラン・メキーズは語った。

「しかし、2022年には妥協をゼロにすることを選択した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ