フェラーリF1、フィリップモリスと2022年以降のパートナー契約を協議
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フィリップモリス インターナショナル新しい契約について話し合っていることを確認した。

フェラーリF1チームは、タバコのスポンサーシップの制限が導入されるまで、1990年代と2000年代にフィリップモリス インターナショナルの有名なマールボロ ブランドがスポンサードしていた。

一旦はマシンからフィリップモリスの存在感は消されていたが、同社が、Mission Winnowイニシアチブを開始したことで、2018年にパートナーシップは復活。2019年にはタイトルスポンサーとなった。

それ以来、フィリップモリス インターナショナルがまだ親会社であることを考慮して、ブランディングはレースが行われている国の広告法に応じてマシンの内外で行われている。

2020年F1シーズンではラウンドでも使用されておらず、最近、EUと英国で開催されるどのレースでもMission Winnowの名前とロゴもはマシンに表示されないことが発表された。

しかし、マッティア・ビノットは、そらがパートナーシップの将来について何かを意味しているわけではないと主張する。

「昨年また前年もマシンにロゴがないレースはあった」とマッティア・ビノットは語った。

「それはさまざまな国の規制によるものだ。我々は過去と同じようにそれを尊重しようとしているだけであり、現在もそうしている」

フェラーリF1とフィリップモリス インターナショナルと契約が2021年F1シーズンの終わりに終了することを考れば、多くの人は、最近の発表がパートナーシップ更新されない兆候ではないかと疑問に思っているのは確かだ。

しかし、マッティア・ビノットは、2022年以降の新しい契約がすでに議論されていると述べた。

「その通りだ。契約は年末までに終了する」とマッティア・ビノットは付け加えた。

「しかし、我々は長年にわたって非常に強力で緊密なパートナーであり、関係も良好だ。フィリップモリス インターナショナルと継続的に話し合ってる」

「今後数か月でどのように結論付けられるかわかると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1スポンサー