フェラーリF1、2022年新型PUはスプリットターボを見送って燃焼技術に焦点
フェラーリF1は、2022年にF1で最強のエンジンを搭載するために、パワーユニットを大幅かつ野心的に変更を加えると The Race が報じている。

特に2022年シーズンは、2025年にF1ターボハイブリッド時代の現在の形が終わるまでエンジン規則が凍結される前に調整を行う最後のチャンスのひとつとなるため、変更は通常よりも重要になる。

マッティア・ビノットは、フェラーリF1が2020年のエンジン規制の変更によって深刻な影響を受けたと主張している。これは一部には2019年シーズンのフェラーリF1の強さによるもだった。

The Race は、フェラーリF1が2022年以降のマシンに可能な限り最適なソリューションを見つけるために2つの開発計画を同時に実行してきたと報じている。

最初に検討されている方向性は、現在のパワーユニットを継続して使用し、既存のものを可能な限り発展させながら、燃焼技術に焦点を当てた別のコンセプトを前進させることだ。

「フェラーリは、コンプレッサーがエンジンの前部に取り付けられ、タービンはエンジンのV字を通るシャフトによってリンクされるスプリットターボのコンセプトを非常に綿密に検討したが、新しいエンジンについては、その哲学に従わないことを決定した」と The Race は伝えている。

「イノベーションにはインタークーラーソリューションが含まれると理解されており、エネルギー回生の電気システムで大幅な向上が見られたと考えられているが、本当のイノベーションは燃焼技術にある可能性がある」

「超高速点火と、吸気混合物をより乱流にする、つまり爆発させる方法を組み合わせて、炎を燃焼室の端にすばやく広げることは、燃焼を改善し、現在の規制の下で許容される500バールの燃料圧力を最大化するための絶対的な鍵だ。。

「ターボのレイアウトに関しては、アーキテクチャは“従来型”のままだが、インタークーラーやその他の変更により、現在のユニットよりも大幅にコンパクトなパッケージが可能になると理解されている」

フェラーリF1は、メルセデスとホンダが採用している“スプリットターボ”コンセプトを使用しないことを選択したが、ルノーは2022年からそのエンジン ソリューションに移行する予定だとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ