フェラーリF1代表 「ベッテルとルクレールには同一のマシンを与えている」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルにはチームメイトのシャルル・ルクレールが運転するマシンと“同一”のマシンが供給されていると主張する。

F1ポルトガルGPではシャルル・ルクレールが印象的な4位入賞を果たした一方で、セバスチャン・ベッテルは周回遅れの10位に終わった。

「テレメトリーを見れば、もう一台のマシンの方がいくつかのセクションではるかに速いことがわかる。僕も馬鹿じゃない」とセバスチャン・ベッテルはレース後に語った。

「もっと言うべきかどうかわからないけど、あらゆる手を尽くした。ラップタイムもあるし、自分のフィーリングもある。僕は周りの人を信頼しているし、同じクルマだと思わなければならない」

フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、不当な扱いについての疑念を払拭するために即座に動いた。

「セブとシャルルのマシンは同一のものだ。それは間違いない」とマッティア・ビノットは Sky Italia に語った。

「シャルルはとても良いのは確かだが、2人目のドライバーにもっと期待できるかもしれない」

マッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルは残りシーズンもチームに残ると強調する。

「そんなことは議論もされていない」とマッティア・ビノットは語った。

「彼は再びポイントを獲得し、自信を深めることができると確信している」

「ここでは、セバスチャンのポテンシャルを考えれば、もっと速く走れたと思うが、今は彼にあまりプレッシャーをかけることはできない。彼がシーズンをできるだけ良い形で終わらせることができるように、できる限りのことをしている」

フェラーリにとって良いニュースは、過去3戦で導入されたアップデートが機能しているように見えることだ。

「我々が向かっている方向性は正しいと思う」とマッティア・ビノットは語った。

「我々はどちらの道を進むべきかを知っているおり、今は来年に向けて可能な限りプッシュしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル / シャルル・ルクレール