ミハエル・シューマッハとフェラーリ会長ルカ・ディ・モンデゼーモロ
ミハエル・シューマッハは、来年メルセデスGPでレースをする可能性が“非常に高い”ことをフェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長は明らかにした。

ミハエル・シューマッハおよびメルセデスGP陣営からのF1復帰に関する進捗に関する公式な発言はまだなされていないが、ルカ・ディ・モンテゼーモロは、木曜日に行われたフェラーリのクリスマス昼食会でシューマッハの現状を語った。

「アブダビ以来、彼とは話をしていなかったが、昨日(水曜日)彼と話をした」とシューマッハのメルセデスGPとの状況に関してルカ・ディ・モンテゼーモロは語った。

「彼は私に電話してきて、メルセデス・ベンツのためにレースをする可能性がかなり高いと私に話した。100%決定したとは言わない。しかし、それが彼が昨日の朝に言っていたことだ」

ルカ・ディ・モンテゼーモロは、フェラーリはシューマッハがフェラーリ・チームとの残りの確約からリリースすることに合意しており、メルセデスGPと取引することができることを明らかにした。

関係者によると、ミハエル・シューマッハとメルセデス・ベンツとの契約は基本合意されているが、医学専門家がシューマッハの首の状態がF1復帰に100%準備ができているかを伝えるまで状況は進展しないとしている。

ミハエル・シューマッハは、今年初めにバイクレースで大きな事故を起こし、首を負傷した。その結果、フェリペ・マッサの代役としてF1復帰することを断念せざるをえなかった。

ミハエル・シューマッハとメルセデス・ベンツが必要とする医学的な許可が出されれば契約はまとめられるとしている。

ルカ・ディ・モンテゼーモロは、メルセデス・ベンツとの将来を追求しているのは“新しいシューマッハ”だと考えていると語る。

「本物のミハエル・シューマッハは、フェラーリでキャリアを終えると常に私に話していた」

シューマッハとどのような会話をしたかを問われたモンテゼーモロは次のように語った。

「14年前、1995年にミハエルとドライバーとして協力をスタートしたときから友人でもあることを忘れないでほしい」

「同意することもできるし、異議を唱えることもできるが、友人のままだ。私は彼がフェラーリのためにしてくれたことを忘れないだろう。そして、彼も我々が彼のためにしたことを忘れないと思う」

関連:メルセデスGP、ミハエル・シューマッハの起用を正式発表 - 2009年12月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | メルセデス | ミハエル・シューマッハ