フェラーリ:F1 70周年記念GP プレビュー / 2020年のF1世界選手権
今週末、2020年のF1世界選手権はシルバーストンで2回目のレースとしてF1 70周年記念レースを開催する。1950年5月13日にF1世界選手権はこの空軍の飛行場で開催されており、その名前を冠するのにこれ以上に適切なサーキットはない。

翌年の1951年7月14日はスクーデリア・フェラーリに非常に特別な意味がある日付となっている。アルゼンチン主因のホセ・フロラン・ゴンザレスが375 F1で初勝利を収めた。

F1 70周年記念GPという名前は非常にユニークだ。F1世界選手権のラウンドにはなんらかの地理的な特徴が名付けられてきた。ヨーロッパ、パシフィック、最も最近ではシュタイアーマルクなど。インディアナポリス、ペスカラ、ラスベガス、ダラスなど開催する年の名前が与えられたこともあった。

シルバーストンでのF1レースで、スクデリア・フェラーリは14勝、11回のポールポジション、45回の表彰台を獲得している。

トラックは長年にわたって変化しており、シルバーストンがより遅くなった1991年のレースで最も過激な変革が行われた。2010年には、750メートル延長されたが、翌年、スタートグリッドはウッドコートとコプスのコーナー間のストレートからクラブとアビーのコーナーに移動した。F1マシンはコプスで約5gの横Gを発生させる。ほぼ全開で通過し、マゴッツとベケッツの伝説的なシーケンスとなる。ここでの方向の高速変更はマシンセットアップの厳しいテストとなる。

セバスチャン・ベッテル
「ここでの先週のレースは僕にとってかなり困難だった。そして、それからちょうど1週間でシルバーストンでレースをすることができるのは、それを生かして良いフィーリングを取り戻す良い機会だと思っている。金曜日には、チームが最初の週末に取得したすべてのデータを利用できるようになる。SF1000との同期を試みるために、より焦点を絞った方法で作業できるようになるため、それは助けになるはずだ」

シャルル・ルクレール
「同じトラックで日曜日に2レースを走るのは今シーズンで2度目だ。幸いなことに、僕たちはシルバーストンにいる。このトラックは、いつもドライブに最適で、表彰台を獲得できたことはチーム全体にとって良いブーストとなった。すべてのレースには独自のストーリーがあるけど、先週行った作業は、今週末の素晴らしい出発点になるはずだ。先週の日曜日のように、自分自身に訪れるかもしれないチャンスを最大限に活用するためにミスを犯さないようにしなければならない」

エンリコ・カーディル(パフォーマンス開発責任者)
「この珍しいシーズンで2回目となるが、我々は先週レースをした同じトラックで週末にむけて準備をしている。先週末の相反する感情を持った結果は2倍のモチベーションとして役に立つはずだ。特に予選のようなポジティブな点を繰り返そうとする一方で、1人だけでなく、両方のドライバーが、スタートで信頼性問題によって貴重な時間を失うことなく、現在のパッケージを最大限に活用できるように全力を尽くす必要がある。技術面では、SF1000は先週末と同じ構成になる。特にロングランにおけるタイヤマネジケントの観点から、あらゆる面を最適化するよう努めていく。実際、ピレリは、イギリスGPで使用されたコンパウンドと比較して、一段階と柔らかいコンパウンドを提供する。したがって、すべてのチームが予選とレースの両方で新たな課題に直面する。また、世界のこの場所での通常のコンディションよりも暑い、安定した天候が予報されており、全体像はさらに複雑になる。我々は現時点ではグランプリでの勝利を目指して戦うことはできないことを分かっているが、モチベーションが下がっているわけではあない。目標は、毎日最善を尽くし、できるだけ多くのポイントを我々とすべてのファンのために持ち帰ることだ」

先週のF1イギリスGPでは、シャルル・チャールズが3位、セバスチャン・ベッテルは10位だった。チームは、シミュレーション作業と風洞からの開発に基づいて、より低い空力ダウンフォース構成を選択した。

スクーデリア・フェラーリは、水曜日にサーキットでのフィルミングデーを実施。これは、9月にムジェロで開催されるチームの1000回目のグランプリへのビルドアップの一環として、フィルムと写真を撮影することを目的としている。

関連:F1 70周年記念GP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1イギリスGP