「フェラーリは2021年シーズンも苦戦する」と元F1ドライバー
フェラーリは、2020年シーズンだけでなく、2021年も再び苦戦すると元F1ドライバーのクリスチャン・ダナーは予想する。

今年のF1プレシーズンテストでフェラーリは明らかに出遅れており、トップのメルセデスから0.6秒、2番手のレッドブル・ホンダからも0.3秒遅れをとっており、F1チーム代表のマッティア・ビノットも序盤戦で勝利を争うのは難しいだろうと認めていた。

新型コロナウイルスの世界的な流行によって2020年のF1世界選手権はまだ開催されていないが、開幕8戦の延期を受け、2021年に予定されていたF1レギュレーションの大幅な変更は2022年に1年延期することになった。全F1チームは2021年も今季マシンを引き続き使用しなければならない。

全10チーム中、この決定に唯一反対していたのがフェラーリだとされており、クリスチャン・ダナーは2020年マシンに競争力がないことが反対した理由だと推測する。

「規制が変わらなければ、冬のテスト後にそれほど速く見えなかったマシンは2021年もかなり弱いだろう」とクリスチャン・ダナーは Bild am Sonntag に語った。

「フェラーリにとって、来年に多くを変えられるという望みはほとんどない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ