「フェラーリF1の状況はアロンソ/ハミルトンの関係に似ている」とバトン
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、フェラーリにおけるセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの関係は、かつてのマクラーレンのフェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンと似た色合いがあると考えているが、2020年にはより強力が関係を築けるだろうと語る。

昨年、シャルル・ルクレールの台頭によってフェラーリないでのナンバー1とナンバー2の役割が曖昧にとなり、二人はシーズンを通して多くの火花を散らした。

ジェンソン・バトンは、その権力争いは、2009年のマクラーレンでのフェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンの関係を思い起こさせると語る。

「僕たちはフェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンがマクラーレンでチームメイトだったときにそれがわかったけど、チームにヤングガンがいるとき、経験豊富なドライバーを少し傷つけられるものだ」とジェンソン・バトンは Sky Sports にコメント。

「しかし、一度それを乗り越えて彼を平等に見れば、それは非常に異なってくる。彼らは一緒にうまくいくと思う。チャンピオンシップにとって重要なことなので、彼らがそうなることを願っている」

「セバスチャンは今、彼のチームメイトがどれほど速いかを理解していると思うし、今年は関係はもっと良くなると思う。もちろん、彼らはお互いを打ち負かしたいけど、僕は非常に強力なペアだと思っている」

「マシンのセットアップという点では、セバスチャンはとても上手く見える。彼は誰よりもエンジニアと多くの時間を費やし、あちこちで微調整を試みている」

ジェンソン・バトンは、フェラーリが2019年の状況をうまく管理できたと感じていると語る。

「彼らは2019年にいくつかのインシデントを経験したが、今年はそうならないことを願っている」とジェンソン・バトンは語る。

「彼らは二人ともとても速い。昨年、彼らは両方ともチーム内でのポジションを見つけようとしていたと思う。新加入のシャルル・ルクレールは誰よりも多くのポールポジションを獲得し、セバスチャン・ベッテルは4度のワールドチャンピオンだ」

「2人の非常に才能のあるドライバーだし、最初の1年間を一緒に過ごした今、彼らは本当にチームとして働き、互いに戦うだけでなく、メルセデスと戦うことに集中できると思う」

「難しいことだけど、うまく管理する必要があることだ。昨年のフェラーリ内の特定のポイントにあったとは思わない」


2020年はセバスチャン・ベッテルにとってフェラーリとの現行契約の最終年となる重要な年だが、ジェンソン・バトンはベッテルがかつての状態を再発見できればタイトル争いに取り組むことができると考えている」

「彼にとって重要な年だ」とジェンソン・バトンは語る。

「昨年、彼はポイントでチームメイトに負けた。今年は、彼は実際に彼がそこから抜け出して、彼ができることを見せなければならない。もしそれがれきれば、彼はワールドチャンピオンのために戦うことになると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ジェンソン・バトン