F1
フェラーリが、新型F1シミュレーターの構築に遅れが生じており、2020年のF1世界選手権の開幕までに使用する準備が整っていないと報じられている。

現在フェラーリが使用している500万ユーロ(約5億8800万円)で構築されたF1シミュレーターは、10台の相互リンクされたコンピューターが搭載されており、8本脚のクモに似ていることから『The Spider』と呼ばれている。

そのF1シミュレーターも10年が経ち、2021年から1億7500万ドルの予算上限が導入されることもあり、フェラーリは支出が予算上限にカウントされる前に数百万ドルのF1シミュレーターを構築している。

2020年のF1世界選手権ではテスト日数が削減されており、シミュレーターはF1チームにとってさらに重要になると考えられている。

フェラーリは今年の初めから新しいF1シミュレーターを使用することを望んでいたが、彼らは『The Spider』をさらに数か月使用し続ける必要があると報じられている。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは最近、以前メルセデスの契約ドライバーだったパスカル・ウェーレインが、2020年もシミュレータードライバーの役割を続けることを確認している。

「我々には2020年もシミュレーターに経験豊富なドライバーがいる」とマッティア・ビノットはコメント。

「2020年もパスカルは我々と一緒にいる。だが、F1ではそれほど経験を積んでいないかもしれないが、長年のシミュレーターをやってきたドライバーもいる」

「我々のシミュレータードライバーは、チームに非常によく統合されている。シミュレーターはますます重要になっているため、今後シミュレーターに投資する予定だ」

フェラーリは、2月11日にマラネロの本社で2020年F1マシンを発表する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ