フェラーリ、FIAの技術指令によってF1エンジンの優位性を失う?
F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、FIA(国際自動車連盟)がフェラーリのF1エンジンの優位性の真相にたどり着いたのではないかと考えている。

フェラーリは、今季型のF1パワーユニットで大きな飛躍を遂げており、技術的な秘密が違法である可能性があるとの噂がパドックをとマラネロチームが2019年のパワーユニットで大きな飛躍を遂げて以来、技術的な秘密が違法である可能性があるという噂がパドックを席巻してきた。

疑惑の目が向けられていることに関してフェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは「彼らは抗議すべきだ!」と不満を露わにしている。

「そうすれば、彼らの申し立てがどれほど愚かであるかがわかり、噂は消えるだろう」

だが、オースティンではレッドブル・ホンダが、フェラーリの優位性を抑えるために動いた。レッドブル・ホンダはフェラーリが使用していると考えられている燃料流量制限を回避してパフォーマンスを得ることを可能にする潜在的な技術的なトリックの合法性を明確にするようFIAに求めた。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「明快さを望んでいるだけだ」と Auto Motor und Sport にコメント。

「アドバンテージによるフェラーリのリードはあまりにも露骨すぎる。リクエストはしばらく前からあったが、FIAからの連絡がなかったため、現在それを強化している。」

これに対応して、FIAは、燃料流量の測定に関するそのような技術的なトリックが許可されないことを明確にする技術的な指令を発行した。

メルセデスは、その技術指令がオースティンでフェラーリのF1エンジンの優位性がオースティンで突然それほど大きくなくなった理由だと考えている。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは「事実、我々はホッケンハイム以来初めてポールポジションを獲得した」と Motorsport-Magazin.com にコメント。

ルイス・ハミルトンは次のように付け加えました。

「今週末はかなり興味深いものだった。明らかに彼らはいくらかのパワーを失ったし、それがレースでどのようになるか見てみななければらない」

ヘルムート・マルコは「フェラーリの最高速度の赤字はそれほど悪くない。長いストレートでは、0.3~0.4秒になった。金曜日にはその2倍を失っていた」と述べた。

関連:レッドブル・ホンダ、フェラーリの燃料流量に関する合法性の明確化を要求

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ