フェラーリ 「ベッテルとルクレールの順位を入れ替えも検討した」 / F1シンガポールGP
フェラーリは、F1シンガポールGPの決勝レースで、チーム戦略によってシャルル・ルクレールがリードを失った後、セバスチャン・ベッテルと順位を入れ替えることを検討していたことを認める。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールは、第1スティントでレースをコントロールしていたが、フェラーリは先にセバスチャン・ベッテルをピットに入れ、翌周にピットインしたルクレールはマックス・フェルスタッペンの前はキープしたものの、ベッテルの後ろでコースに復帰することになった。

シャルル・ルクレールは、戦略判断でポジションを失い、フェラーリが順位を入れ替えないことを決定したことに露骨に不快感を示していた。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは「シャルルががっかりしていることは理解している。彼はレースに勝つために全力を尽くしていたし、レースに勝つために自分にできるあらゆることをやっていた」とコメント。

「順位を入れ替えることを検討したか? そうだね、検討していた。だが、そうしないことが正しい選択だと考えた。それでも、正しい選択であったかどうかドライバーと話し合うつもりだ」

「内部的にはまだ意見が異なる場合もあるかもしれない。それについて考えが、そうしなかった」

シャルル・ルクレールは最終的にセバスチャン・ベッテルに2.6秒遅れの2位でフィニッシュ。3位のマックス・フェルスタッペンとはわずか1.2秒差だった。そのため、フェラーリにとって、レッドブル・ホンダにポジションを失うリクスを冒さずに入れ替えを調整することは困難だった。

セバスチャン・ベッテルを他のフロントランナーよりも早くピットに入れるというフェラーリの決定によってベッテルは3番手から浮上し、それが奏功しておそらく1-3だった結果が、1-2フィニッシュが変わることになった。フェラーリにとっては2年ぶりの1-2フィニッシュとなる。

マッティア・ビノットは、チーム内で「順位の入れ替えについて議論するかもしれないが、それが1-2でも2-1でも、フェラーリは1-2だったと思う」と述べた。

セバスチャン・ベッテルを早めにピットインさせた意図について質問されたマッティア・ビノットは、ルイス・ハミルトンを抜くことが目標であり、アンダーカットの効果が“予想よりも強力だった”と認める。

「3.9秒差だった。我々たちはそれほど大きな数字を期待していなかった」とマッティア・ビノットは説明する。

「実際、セバスチャンをピットストップさせた際、1周後にピットインするシャルルはセバスチャンの先にとどまると思っていた。セバスチャンがいい走りをして、3.9秒をアンダーカットした。それが事実だ」

シャルル・ルクレールは、セバスチャン・ベッテルが先にピットインしたことを知らされておらず、マッティア・ビノットもフェラーリがドライバーに伝えたのはレース後だったと認める。

また、マッティア・ビノットは、リードドライバーを先にピットインさせることが通常の方針だが、今回のシンガポールGPでは、上位勢がミッドフィールドのトラフィックのなかでコース復帰することを嫌って、誰も早めにピットインしなかったことも影響したと認める。

「通常であれば、常に前のマシンにアドバンテージを与えているが、シンガポールの状況では、最初にシャルルをストップさせることはない。彼はレースをリードしていた。彼はトラフィックに巻き込まれていただろう。完全異なる展開になっていたはずだ」

「また、フェルスタッペンがピットストップする準備ができていた。我々はそれを知っていた。そして、セバスチャンのポジションを守るための最善の方法は彼をピットインさせて、少なくとも次の周でピットストップクルーをシャルルのピットストップのためにフリーにすることだった」

「だから、セブをストップさせるには適切なタイミングだったし、そこに議論の余地はない。その後、シャルルをストップさせるのに適切なタイミングだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1シンガポールGP