F1 フェラーリ フェルナンド・アロンソ
元フェラーリ会長のルカ・ディ・モンテゼーモロは、フェルナンド・アロンソがフェラーリでミハエル・シューマッハやニキ・ラウダのような成功を収められなかった理由のひとつとしてアロンソの性格を挙げた。

2010年にフェラーリに移籍したフェルナンド・アロンソは、その年と2012年にランキング2位までいったが、チャンピオンを獲得することができず、2014年で契約を解消してマクラーレン・ホンダに移籍。その後もタイトルには手が届かず、昨年限りで一旦F1キャリアにピリオドを打っている。

「彼はアロンソだった。だが、アロンソ-フェラーリではなかった」とルカ・ディ・モンテゼーモロは Beyond The Grid に語った。

「勝っているときの彼は幸せだ。勝っていないとき、それはチームの問題であり、彼は不満だ」

「言い換えれば、彼はミハエルとニキよりもチームに近くなかった。良い瞬間にチームの近くにいるのは簡単なkとだ」

「パフォーマンスの面では、フェルナンドはとても良かった。私にとって、アロンソは(ルイス)ハミルトンと(セバスチャン)ベッテルと同じであり、レースでは彼はミハエルに非常に近い。レースでは、アロンソは素晴らしいドライバーだった。彼は(2010年と2012年に)彼のミスではなくチャンピオンシップを失った。

「もし彼が1つのチャンピオンシップを勝ち取ったならば、今日我々は何か別のことについて話していることだろう。我々は、アロンソが長年にわたって最高のクルマを持っていなかったにもかかわらず、チャンピオンシップに勝つができたとね。アロンソはとても強い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / フェルナンド・アロンソ