F1 フェラーリ フィリップモリス
フィリップモリスは、2019年のF1開幕戦オーストラリアGPでチーム名とマシンからロゴが削除されたにもかかわらず、“Mission Winnow”はフェラーリのタイトルスポンサーのままでいることを強調した。

フェラーリとフィリップモリスが推進するMission Winnowのスローガンとロゴは、昨年のF1日本GPからフェラーリのマシンに掲載されており、今年のプレシーズンテストでもフェラーリ SF90に大きくデザインされていた。

フィリップモリスは、Mission Winnowとタバコ製品のプロモーションとの関連性を繰り返し否定していたが、タバコ広告を禁止する法律に違反し、マールボロを宣伝するための偽装だと非難されていた。

オーストラリアの公衆衛生機関は先月、フェラーリにおけるフィリップモリスのブランディングの合法性の調査を開始していた。

その問題が明るみになってから間もなく、フェラーリはMission Winnowのロゴが今週のメルボルンでの開幕戦でSF19とチームのユニフォームから削除されることを発表した。

さらに、FIAが公表した2019年のF1エントリーリストの最新版では、フェラーリのチーム名が「Scuderia Ferrari Mission Winnow」から「Scuderia Ferrari」に変更された。

この動きはMission Winnowのイニシアチブが放棄されるでのではないかとの疑問を促したが、フィリップモリスはプロジェクトはまだ推進していることを確認した。

現状について、Mission WinnowのTwitterアカウントは「我々は留まるためにここにいる。Mission Winnowはスクーデリア・フェラーリのタイトルパートナーのままだ。現在、変更はオーストラリアだけのために計画されている」

フィリップモリスとフェラーリは、Mission Winnowのプロジェクトが非タバコプロジェクトに焦点を絞っているため、いかなる反タバコ広告法にも違反していないと確信している。

Mission Winnowは、MotoGPに参戦するドゥカティのバイクにも掲載されており、先週末のシーズン開幕のカタールGPで使用された。

F1レギュレーションでは、チームはエントリーの変更について7日前までにFIAに通知しなければならない。したがって、フェラーリは第2戦バーレーンGPまでにチーム名を『Scuderia Ferrari Mission Winnow』に戻すことができる。

フェラーリは、開幕戦オーストラリアGPでのカラーリングは「ファンにとってサプライズになる」と語っている。

もうひとつのタバコ会社であるブリティッシュ・アメリカン・タバコも、代替製品に重点を置いてF1ブランドに戻り、マクラーレンとのパートナーシップを締結。マクラーレンのマシンに“A Better Tomorrow”のロゴを掲載している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | F1スポンサー