F1 キミ・ライコネン フェラーリ
キミ・ライコネンは、フェラーリとの契約をさらに2年間延長することになると F1Only.fr が報じている。

フェラーリに近い情報筋によると、フェラーリは2020年まで2年間のキミ・ライコネンとの契約を発表するプロセスを進めているという。また、フェラーリ側はキミ・ライコネンをあと2年起用したいと考えているが、ライコネンが望めば、2019年の後に契約を変更することができるという。

フェラーリ前会長のセルジオ・マルキオンネの急逝により、フェラーリは経験豊富なセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンを継続するという戦略に切り替えたようだ。

セルジオ・マルキオネンは、ザウバーで活躍するシャルル・ルクレールを2019年にフェラーリに昇格させることを推進していたが、マルキオンネの死によってルクレールの2019年のフェラーリ移籍のチャンスはなくなったという。

フェラーリは、F1ベルギーGP、もしくはホームグランプリとなるイタリアGPでキミ・ライコネンとの新契約を発表すると同サイトは報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ