フェラーリ シンガポールグランプリ セバスチャン・ベッテル キミ・ライコネン
フェラーリは、F1シンガポールGPの決勝レースで、セバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネンともにオープニングラップでクラッシュリタイアを喫した。

セバスチャン・ベッテル (リタイア)
「平均的なスタートだったし、マックスからボジションを守ろうとしてわずかに左に移動した。そうしたら、片側に衝撃を感じた。キミのクルマが僕にヒットしていた。何が起こったのかはわからない」

「ターン3でスピンしたけど、それはクルマがすでにダメージを負っていたからだ。今日はトラックの間違ったところにいたし、それは助けにならなかった。でも、今やれることは何もない。酷い気分なのは確かだし、今日は自分たちのペースを示すことができなかったのは残念だ。でも、まだ他にもレースがあるし、もっと多くのチャンスはあると確信している」

キミ・ライコネン (リタイア)
「スタートでは非常に良いジャンプができたけど、そのあと接触があって、僕たちのレースは終わった。あれを避けるためにやれることは何もなかったと思う。悪いスタートをして、そこにいないこと以外にね。残念だし、大きな代償を払うことになった。原因や問題が何であれ、残念ながら最終リザルトは変わらない。戦う準備を整えて次のレースに向かい、ベストを尽くすつもりだ」

関連:F1シンガポールGP 結果:ルイス・ハミルトンが波乱のレースで今季7勝目

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1シンガポールGP