ジェームス・アリソン フェラーリ離脱
ジェームス・アリソンがフェラーリを離脱したのは、セジルオ・マルキオンネ会長との不和が原因だったと Auto Motor und Sport は報じている。

フェラーリは、ジェームス・アリソンの離脱は“共同”で決定したものだと主張しているが、離脱の理由についての発表はなかった。

今年初旬、ジェームス・アリソンは妻を亡くしており、子供たちが生活する英国に戻ることを望んでいると噂されていた。

実際、報道によると、妻の急逝以降、ジェームス・アリソンはマラネロにあるフェラーリ本部には1週のうち3日半ほどしか姿を見せず、レース現場へ赴くこともまれだったという。

現在、ジェームス・アリソンは、ルノー、マクラーレン、もしくはメルセデスへの移籍が推測されている。

Auto Motor und Sport のマイケル・シュミットは「イングランドに戻ることは、確かに離脱の理由のひとつだ」と伝えている。」

「だが、マルキオンネがアリソンと続けることに耐えられなかったのだという声もある。アリソンは自分の考えを主張し、自分の25年に及ぶモータースポーツ経験とは相反する不合理な目標を受け入れることを拒絶していたためだ」

フェラーリでは、ジェームス・アリソンの離脱に伴い、これまでパワーユニット開発責任者を務めていたマッティア・ビノットをチーフテクニカルオフィサーに昇格させたが、 Auto Motor und Sport は、sそれはあくまでも“暫定的”な措置だろうとみている。

報道では、かつてフェラーリでテクニカルディレクターを務めたロス・ブラウンがホッケンハイムに向ってるとも報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ