マルク・ジェネ
マルク・ジェネが、フェラーリの2013年のテストドライバーとして新たな契約を結んだと Speed Week が伝えた。

マルク・ジェネは、2005年からフェラーリのテストドライバーを務めている。スペインのテレビ“Antena 3”でF1解説を担当しているマルク・ジェネは、2013年はフェラーリのテストドライバーの役割と同時にアウディからWEC(世界耐久選手権)にも参戦する。

最近のマルク・ジェネの役割は、シミュレーターでの作業とスポンサーとの仕事により限定されている。

「フェラーリで働き続けられることを光栄に思う」とマルク・ジェネはコメント。

「僕のゴールは明白だ。フェラーリとフェルナンド・アロンソがタイトルに勝てるクルマを得る手助けがしたい」

マルク・ジェネは、1999年と2000年にミナルディでF1参戦。ウィリアムズのリザーブドライバーを勤めていた2003年と2004年には、負傷したラルフ・シューマッハの代役として参戦している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ