フェリペ・ナッセ、9位入賞が裏目に?シート喪失の危機

2016年11月17日
フェリペ・ナッセ
フェリペ・ナッセは、2017年のF1シートを獲得できないかもしれない。

フェリペ・ナッセは、母国レースとなったF1ブラジルGPで値千金となる9位入賞。ザウバーに今シーズン初ポイントをもたらしただけでなく、チームはコンストラクターズ選手権でマノーを抜いて10位に浮上した。

フェリペ・ナッセ、F1ブラジルGPでの2ポイントは21億円の価値

2016年11月16日
フェルペ・ナッセ
フェルペ・ナッセがF1ブラジルGPで獲得した2ポイントは、ザウバーに2000万ドル(21億7500万円)の価値をもたらすかもしれないが、ナッセの将来は保証されていない。

フェリペ・ナッセは、波乱の展開となった雨のF1ブラジルGPで9位入賞を果たし、ザウバーに今シーズン初ポイントとなる2ポイントをもたらした。

ザウバー、フェリペ・ナッセとの交渉難航を認める

2016年11月13日
フェリペ・ナッセ
ザウバーのモニーシャ・カルテンボーン代表は、フェリペ・ナッセが2016年以降もザウバーに留まることは確定ではないと認める。

ザウバーは、2017年もマーカス・エリクストンとフェリペ・ナッセを保持する可能性が高いと報じられている。

しかし、モニーシャ・カルテンボーンは、フェリペ・ナッセと交渉しているが、それが難航していることを認める。

フェリペ・ナッセ、スポンサーの問題でザウバーとの契約交渉に遅れ

2016年11月11日
フェリペ・ナッセ
フェリペ・ナッセは、スポンサーの問題によってザウバーとの2017年の契約に遅れが生じている。

今年初め、フェリペ・ナッセのメインスポンサーであるブラジル銀行は頭取が変わり、他の重要なポジションのメンバーも再編成されている。

それは、ブラジル銀行とフェリペ・ナッセのアドバイザーとの交渉に悪影響を及ぼしており、ザウバーとの交渉に遅れが生じている。

【動画】 フェリペ・ナッセのフロントウィングが粉砕 / F1メキシコGP

2016年10月29日
F1メキシコGP 動画
フェリペ・ナッセ(ザウバー)は、F1メキシコGPのフリー走行1回目でフロントウィングが粉砕するというトラブルに見舞われた。

セッション開始から33分。ハローを装着して走行を行ったフェリペ・ナッセは、縁石に強く乗り上げたあと、フロントウィングの右側が突然粉砕。

この事故により、セッションは一時赤旗中断となった。

フェリペ・ナッセ、本人は否定もフォース・インディア移籍報道が過熱

2016年10月24日
フェリペ・ナッセ
フェリペ・ナッセが、2017年のフォース・インディアのシートを獲得するポールポジションにいるとの噂が強まっている。

オースティンでフェリペ・ナッセ本人が否定した後であえ、ブラジルの放送局はフェリペ・ナッセがルノーに移籍したニコ・ヒュルケンベルグの後任としてザウバーからの移籍がほぼ保証されていると報道。

フェリペ・ナッセ:2016 F1アメリカGP&F1メキシコGP プレビュー

2016年10月20日
フェリペ・ナッセ F1 USGP メキシコGP
フェリペ・ナッセが、F1アメリカGPおよびF1メキシコGPへの意気込みを語った。

フェリペ・ナッセ (ザウバー)
「去年のアメリカGPはかなり波乱に富んでいた。天候がエキサイティングなレースをもたらした。ザウバーにとって400戦目のグランプリだったし、9位を争ったことは素晴らしい業績だった」

フェリペ・ナッセ、2017年のザウバー残留を示唆

2016年10月18日
フェリペ・ナッセ
フェリペ・ナッセは、2017年もザウバーに残留することを示唆している。

これまでフェリペ・ナッセは、存続の危機にあったザウバーのマシンに手を焼いており、彼のスポンサーであるブラジル銀行とともに他チームへ移籍することをほのめかしていた。

しかし、その後ザウバーはロングボウ・ファイナンスの買収によって財政面で立ち直っており、フェリペ・ナッセは現状に満足しているようだ。

フェリペ・ナッセ 「鈴鹿の素晴らしいところ情熱的なファンの存在」

2016年9月28日
フェリペ・ナッセ 2016 F1 鈴鹿
フェリペ・ナッセが、2016年のF1日本グランプリにむけて鈴鹿サーキット、そして日本の魅力について語った。

フェリペ・ナッセ (ザウバー)
「日本や鈴鹿に行くのはいつも楽しみだった。特に、英国F3時代に中嶋大祐とチームメイトになってからは、特にね。日本人と会ったのは彼が初めてだったけど、とても気が合った。彼が僕の地元のブラジリアに来て実家に2週間くらいステイしてくれたこともある」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム