フェリペ・ナッセ
フェリペ・ナッセが、2017年のフォース・インディアのシートを獲得するポールポジションにいるとの噂が強まっている。

オースティンでフェリペ・ナッセ本人が否定した後であえ、ブラジルの放送局はフェリペ・ナッセがルノーに移籍したニコ・ヒュルケンベルグの後任としてザウバーからの移籍がほぼ保証されていると報道。

噂では、フェリペ・マッサが引退することで、ブラジル人ドライバーをグリッドに並ぶことを強く望んでいるバーニー・エクレストンが取引に関与しているといいう。

だが、ブラジルの Globo との会話の中で、フェリペ・ナッセはその報道を否定している。

「僕にはそのチームとのコネクションはない」とブラジル銀行をスポンサーに持つフェリペ・ナッセはコメント。

フェリペ・ナッセは、マネージャーを務めるスティーブ・ロバートソンがフォース・インディアと交渉しているとの噂さえ否定している。

「いいや。彼は僕に言うだろうし、僕は自分の答えを繰り返すことしかできない」

なぜ、彼のマネージャーがコンストラクターズ選手権4位におり、空席ができることが決まっているフォース・インディアとコンタクトをとらないんだと質問されたフェリペ・ナッセは「僕にもわからない。彼の電話番号は知っている? 彼と話してよ」と退けた。

「僕の知る限り、そのチームとのコネクションはない」

フォース・インディアに関心はないのかと質問されたフェリペ・ナッセは「そうだね、誰もが欲しがるシートだ。でも、繰り返すけど、今日まで僕の(個人)チームでフォース・インディアと話をした人は誰もしらない」とコメント。

フォース・インディアの副チーム代表ボブ・ファーンリーも、フェリペ・ナッセの噂を否定している。

「このグランプリ(アメリカ)と次のメキシコでのグランプリは、おそらくスポンサー的に我々にとって重要だ。実際、現在、我々はヒュルケンベルグの後任のドライバーについて考えていない」とボブ・ファーンリーはコメント。

「メキシコ後、イングランドに戻り、そこからビジェイ(マリア)とともに我々になる選択肢の中から2017年のセルジオ・ペレスのチームメイトを選んでいく」

フェリペ・ナッセは獲得リストにいるかと質問されたボブ・ファーンリーは「推測を避けたいので、誰の名前も挙げたくはない」とコメント。

フェリペ・ナッセ、パスカル・ウェーレイン、エステバン・オコンが獲得可能なドライバーだと伝えられたボブ・ファーンリーは「それにジョビナッツィもだ」と割って入った。

イタリア出身のアントニオ・ジョビナッツィ(22歳)は、現在GP2選手権で首位に立っており、最近、フェラーリとテスト契約を結んでいる。

しかし、 Globo は、エディ・アーバインの元マネージャーであるエンリコ・ザナリーニが管理するアントニオ・ジョビナッツィが、メルセデスの育成ドライバーに加わることで交渉していると報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェリペ・ナッセ / ザウバー