フェリペ・ナッセ フォーミュラE
元F1ドライバーのフェリペ・ナッセが、フォーミュラEでシングルシーターに復帰した。

2016年にブラジル銀行のスポンサー撤退によってザウバーのF1シートを喪失したフェリペ・ナッセは、F1やインディカーでチャンスを掴むことができなかったが、IMSAスポーツカー選手権に転向し、2017年にAction Express Racingでドライバーズチャンピオンを獲得している。

ドラゴンでドライバーを務めていたマキシミリアン・ギュンターとの契約が3戦で終了したことで、第4戦メキシコシティePrixからフェリペ・ナッセがフォーミュラEでシングルシーターに復帰するチャンスが生まれた。

「ジオックス・ドラゴンの新しいGen2マシンは非常に強力に見えるし、チーム全体がパフォーマンスの鍵を理解し、っジ社で開発したパッケージからすぐにベストを引き出すために素晴らしい仕事をしたと思う」とフェリペ・ナッセはコメント。

「ジェイ・ペンスキーと仕事をすることにも興奮している。彼はスポーツのあらゆる面で成功することを望んでいるし、チームに正しいエネルギーをもたらしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェリペ・ナッセ | フォーミュラE