フェリペ・ナッセ F1
元ザウバーのF1ドライバーであるフェリペ・ナッセは、まだ2018年のF1復帰には取り組んではいるが、インディカー転向の方が現実的な目標になるかもしれないと認める。

2016年末でザウバーのF1シートを失ったフェリペ・ナッサは、先週のF1イギリスGPで久々にF1パドックに姿をみせた。

「まだ、オプションを探しているところだ」とフェリペ・ナッセは Autosport にコメント。

「自分にはまだここに戻ってくる力があると感じているし、2018年のチャンスを見ている」

「もちろん、F1がプランAだけど、ブランBもたくさんある」

「インディカーかもしれないし、フォーミュラEやWECかもしれない。全てのシリーズに関心がある」

「どんなコミットメントや決定をするにしても、やれる全てのことにトライしていくつもりなのは確かだ」

フェリペ・ナッセは、F1のシート数が少ないことがF1復帰の可能性を閉ざしていると認める。

「難しいよね。僕だけでなく、F1へのステップアップを目指す精力的なドライバーのためにもあと1~2チームあれば嬉しんだけどね」

「でも、状況は非常に素早く変化する可能性もある」

「重要なのは良いコンディションでいることだ。今年にむけて準備できることはすべてやってきたし、いつでもクルマに飛び乗って、まだ自分に競争力があることを示せることはわかっている」

「クルマに乗っていないのは簡単なことではないのは確かだけど、後悔はしていない」

「人生にはいろんなことのために時間がある。重要なことは自分が準備ができることだ。すぐに決定するつもりだ」」

フェリペ・ナッセは、インディカーにいる仲間のブラジル人ドライバーとの関係によって、インディカーのドアが開かれることを願っている。

「インディカーにはずっと気を配っている」とフェリペ・ナッセは認める。

「あそこでは多くのブラジル人が走っている。特にエリオ(カストロネベス)とは良い関係を築いている。彼はF3時代に僕の叔父のチームで走っていたしね」

「彼はずっとそこでの最新情報を知らせてくれていたし、ずっと注目しているシリーズだ。競争力も高い」

「どのような展開になるか見てみるつもりだけど、すべてのドアをオープンにしているのは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェリペ・ナッセ