フォーミュラ2 モンツァ・サーキット 松下信治
F2 第9戦 イタリアのレース1後、トップでチェッカーを受けたルカ・ギオットに5秒加算ペナルティが科された。結果、アントニオ・フォコが優勝、松下信治が2位、ニコラス・ラティフィが3位に昇格。ギオットは4位という最終リザルトに変更となった。

ルカ・ギオット(RUSSIAN TIME)は、ニック・デ・ブリースとトップ争いをしていた最終ラップのシケインでコーナーをカットしてコースに復帰。スチュワードは、ルカ・ギオットがその動きでアドバンテージを得たとして5秒加算ペナルティを科した。

これにより、ルカ・ギオットは4位に降格し、ファステストラップのポイントも剥奪。アントニオ・フォコ(PREMA RACING)が優勝となり、ファステストラップのポイントはニコラス・ラティフィ(DAMS)が獲得した。

また、5位でフィニッシュしたアレクサンダー・アルボン(ART GRAND PRIX)が、ノーマン・ナトー(PERTAMINA ARDEN)との最終ラップでの接触事故を引き起こしたとして10秒加算ペナルティが科せられ、アルボンは14位に降格した。

さらに順位には変動がないものの、ニック・デ・ブリース(RACING ENGINEERING)に最終ラップでシャルル・ルクレール(PREMA RACING)との接触事故を引き起こしたとして20秒加算ペナルティが科せられた。デ・ブリースはパンクによってリタイアしている。

2017年 F2 第9戦 イタリア レース1 最終リザルト

順位No.ドライバーチーム
22アントニオ・フォコPREMA RACING
37松下信治ART GRAND PRIX
410ニコラス・ラティフィDAMS
15ルカ・ギオットRUSSIAN TIME
621ショーン・ゲラエルPERTAMINA ARDEN
714セルジオ・セッテ・カマラMP MOTORSPORT
818ルイス・デレトラズRAPEX
94グスタフ・マルヤRACING ENGINEERING
106アルテム・マルケロフRUSSIAN TIME
1115ジョーダン・キングMP MOTORSPORT
1219ロベルト・メルヒRAPEX
1316ナビル・ジェフリTRIDENT
1420ノーマン・ナトーPERTAMINA ARDEN
58アレクサンダー・アルボンART GRAND PRIX
1511ラルフ・ボスチャングCAMPOS RACING
1612ロベルト・ビソイウCAMPOS RACING
171シャルル・ルクレールPREMA RACING
183ニック・デ・ブリースRACING ENGINEERING
 9オリバー・ローランドDAMS
 17サンティノ・フェルッチTRIDENT


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F2