ジャック・エイトケン フォーミュラ2
ジャック・エイトケンが、2019年のF2選手権にカンポス・レーシングから参戦することが発表された。

父親がイギリス人、母親が韓国人のジャン・エイトケン(23歳)は、2015年にフォーミュラ・ルノー2.0のユーロカップとNECでチャンピオンを獲得。2016年にルノーの育成ドライバーに加入し、2017年はGP3でジョージ・ラッセルに次ぐ2位でシーズンを終了。

2018年はルノーのサード兼リザーブドライバーに就任。ARTグランプリからF2に参戦し、デビューシーズンで1勝、2度の表彰台を獲得し、11位でシーズンを終えていた。

ジャック・エイトケン
「プレシーズンテストで有望なスタートを切った後、カンポスとの仕事を開始することに本当に興奮している。彼らにはトップで争うという野心と能力がある。やるべき仕事はたくさんあるけど、開幕戦までに間に合うと確信している。僕たちはトップを目指している」

エイドリアン・カンポス
「ジャックが我々のチームに加入することを嬉しく思っている。彼は非常に才能のあるドライバーであり、我々には共にトップを争うためのあらゆる要素が揃っている。我々の仕事とジャックの天性の才能で最高の目標を目指していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F2