レッドブルF1育成の岩佐歩夢、F2スペインのスプリントレースは8位
FIA F2 第7戦 スペイン大会のスプリントレースがバルセロナのカタルーニャ・サーキットで行われ、フレデリック・ベスティ(メルセデスF1育成)が優勝。岩佐歩夢(レッドブルF1育成)は8位でフィニッシュした。

ウェットからドライに変化する難しいコンディションで行われた26周のレース。21周目のセーフティカー導入をきっかけに全車のスリックタイヤへの交換が完了。

優勝は3番グリッドからスタートしたフレデリック・ベスティ。今季3勝目を挙げてランキング首位のリードを広げた。2位にテオ・プルシェール(ザウバーF1育成)、3位にビクター・マルタンス(アルピーヌF1育成)が続いた。

6番手からスタートした岩佐歩夢は、他車との接触で順位を落とす。最終的に9位でチェッカーを受けたが、8位のドライバーに5秒タイム加算ペナルティが科されたことで8位に浮上し、1ポイントを獲得した。




このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2