フェリペ・ドルゴビッチ 「F2チャンピオンの王座防衛を可能にするべき」
F2チャンピオンを獲得したフェリペ・ドルゴビッチは、前年度チャンピオンのオスカー・ピアストリや自分の成長を潜在的に抑制するルールの変更を促した。

過去4年でタイトルを獲得したドライバーのうちの人がシーズンにF1に直接昇格することに失敗している、2018年のジョージ・ラッセル以降で、F1にすぐに昇格できたのはミック・シューマッハ(2020年)だけだ。

2019年のF2チャンピオンであるニック・デ・フリースは、体調不良のアレクサンダー・アルボンの代役として2022年のF1イタリアGPでようやくF1デビューを果たした。

2021年のチャンピオンであるオスカー・ピアストリは、今年のほとんどをアルピーヌF1チームのリザーブドライバー兼シミュレータードライバーとして過ごしてきたが、アルピーヌF1チームのレースシートを蹴って、2023年はマクラーレンに加入する契約を結んだ。それは、当初、育成プログラムに参加しているアルピーヌF1チームに空席がなく、ウィリアムズに数年間送られることを拒否していのことだ。

もちろん、保証はない。今シーズンの F2チャンピオンであるフェリペ・ドルゴビッチ は、アストン マーティンF1チームでリザーブ兼開発ドライバーの役割に同意した。彼は、今シーズンの残りのラウンドの1つで、チームのFP1 セッションに参加する予定となっている。

ブラジル出身のフェリペ・ドルゴビットは、F2チャンピオンのF1への自動昇格があるべきだと感じていますが、それだけでなく、翌年にタイトルを防衛できないのは不公平だと感じている。

たとえば、オスカー・ピアストリは、初挑戦でF2でタイトルを獲得した後、傍観者として過ごす代わりに、もう1年間の競争活動から大きな利益を得た可能性がある。

「自分はチャンピオンだけど、これ以上とどまることはできない。僕の意見では、F1に昇格するか、とどまることができるかのどちらかにしなければならないと思う」

「Moto2とMoto3での仕組みのようなものだと思う。まず第一に、チャンピオンシップを獲得した人は誰でもF1に挑戦できるように変更する必要があると思う」

22歳のフェリペ・ドルゴビッチは、F2で71回のスタートを経験しており、まだ F1 をターゲットにしていると主張しているが、アストンマーティンでは、2023 年に到着したフェルナンド・アロンソとチーム オーナーの息子であるランス・ストロールを追い出すのは不測の事態が発生した場合を除いて難しい仕事だ」.

「僕たちはインディカーといくつかのコンタクトがあったけど、何度も言ったように、今のところそれが主な目標ではない。僕たちはF1に入ろうとしているだけだ」とフェリペ・ドラゴビッチは語った。

「でも言ったように、もし来年F1以外のレースをする必要があるなら、それは確かに考慮すべきカテゴリーだ」

モータースポーツはサッカーとは異なり、下位テゴリーのトップチームがそのまま次のレベルに進むことはできない。

F1は、FIAスーパー ライセンスを持っていれば、ドライバーは参戦することが可能になる。

だが、一発でF1スーパーライセンスを発給されるF2チャンピオンではなく、結局のところ、近年はニコラス・ラティフィ、アレクサンダー・・アルボン、ランド・ノリス、周冠宇、ニキータ・マゼピン、角田裕毅など、メーカー/チームとの関係があったり、スポンサーマネーをもたらせるドライバーがステップアップしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2