レッドブルF1育成の岩佐歩夢、スプリントレースで8位入賞 / FIA-F2第10戦
レッドブルF1育成の岩佐歩夢は、FIA F2選手権第10戦のスプリントレースで8位入賞を果たした。

FIA F2選手権第10戦のスプリントレースが、ハンガリー・ハンガロリンクで行われた。 7月29日(金)に予選が行われ、ホンダ・フォーミュラドリーム・プロジェクト(HFDP)のドライバーとして参戦する岩佐歩夢は、最終アタックでトップタイムをマークし、FIA F2で初のポールポジションを獲得。2番手に0.381秒の差をつける圧倒的な速さを見せつけた。

リバースグリッドとなるスプリントレースでは、岩佐は5列目10番手からのスタートとなる。午後になって激しく降った雨は上がり、スプリントレースが始まる午後6時にはところどころ青空も顔を覗かせるまで天候は回復し、気温22℃、路面温度31℃のドライコンディションでフォーメーションラップがスタートした。

スタート後の第1コーナーで上位陣にアクシデントが発生し、ポジションが目まぐるしく変わった。このアクシデントをかわした岩佐歩夢は、いったん7番手まで上がったが、その後前車を抜きにかかった際に少しコース外に出てしまい後続に先行を許し、1周目を9番手で終えている。このアクシデントによりストップしたマシンが出て、2周目にセーフティカーが導入され、4周目にレース再開となった。

追い抜きが難しいコースでの戦いは終盤まで接近した隊列での走行となり、岩佐歩夢はペースをコントロールしながら安定した走行で9番手をキープ。23周目、タイヤが厳しくなった上位車のペースが落ちて、それをパスした岩佐歩夢は8番手に浮上した。最終盤、ポジションアップを狙う岩佐歩夢は前車にプレッシャーをかけて攻めたが、オーバーテイクには至らず8番手でフィニッシュ。スプリントレースでの8位入賞を果たし、1ポイントを加算。岩佐は5戦連続でポイント獲得となった。

「全体として難しいレースになってしまいました」と岩佐歩夢はコメント。

「予想通り、後ろにつくと抜くのは難しく、タイヤのグレイニングもひどくなりました。スタートでは第1コーナーのアクシデントを避けてポジションを上げたのですが、その後前に詰まって第2コーナーのアウトから抜きにいったときにブレーキングを遅らせたことでホワイトラインの外側に少しはみ出してしまい、その後2台に先行されました」

「レース中はタイヤマネージメントには気をつかい、悪くはなかったと思いますが、それでもタイヤのグレイニングはかなりひどかったです。終盤前車よりペースはよかったですが、オーバーテイクまではできませんでした」

「フィーチャーレースはポールポジションからのスタートですが、レースは何が起こるか分からないので、万全の準備をして自分たちの全力を出し切れるようがんばりたいと思います」

岩佐歩夢 ホンダF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2