F2
ハイテックGPは、2020年から11番目のチームとしてFIA-F2に参戦することを発表した。

昨年、ハイテックGPはFIA-F3に参戦し、チームランキング2位でシーズンを終えていた。すでに昨年の最終戦アブダビ大会のパドックではハイテックGPのF2参戦は噂されていた。

ハイテックGPはF3アジア選手権にも参戦しており、Wシリーズのグリッド全体を運営している。ハイテックGPの参戦により、FIA-F2は2016年以来、11チーム22台で争われることになる。

ハイテックGPの代表を務めるオリバー・オークスは「2020年に新しい18インチリムといくつかのマシンアップデートが行われることで、学習プロセスから1年遅れる2020年末よりも、今参入する必要がはるかに大きくなった」は語る。

「もちろん、これほど遅くにグリッドに参加するということは、わずかに難題に直面することになる。しかし、ハイテックはチャレンジが好きだ!」

「F2で確立されたチームと対戦することは大きなタスクになることに幻想は抱いていないが、私は我々のグループを信じており、3月でのバーレーンでの最初のイベントに本当に興奮している」

ハイテックGPはまだドライバーを発表していないが、元ARTグランプリのドライバーであるニキータ・マゼピンは加入するとみられている。

マクラーレンのテストおよび開発ドライバーだったセルジオ・セッテ・カマラは、2019年末に2つ目のシート候補に挙げられているが、元Virtuosi Racingドライバーのルカ・ギオットがもサプライズ選出される可能性もある。

ルカ・ギオットは、昨年末にF2を離れてR-Motorsport Aston MartinのGTチームに参加したが、現在はF2復帰にリンクされている。

F2の代表を務めるブルーノ・ミシェルは「ハイテックGPを2020年のF2グリッドに迎えることができてうれしく思う。以前にも述べたように多くのチームがチャンピオンシップへの参加に継続的に関心を示している」とコメント。

「ハイテックの腕前と今日のドライバー市場が相まり、新しいシーズンへのこの追加が可能になった。ハイテックGPは2019年に強力なF3シーズンを楽しんだ。彼らは遅れて参入することになるが、他のチームと戦うためにF2に素早く適応できることはわかっている」

ハイテックGPはヨーロッパF3選手権で成功を収め、昨年はF2と同様にF1のサポートレースとして開催されている新しいFIAーF3選手権に参戦。レッドブルのジュニアドライバーであるユーリ・ヴィップスをランキング4位に導いた。

Red Bull F1ジュニアJuri Vipsをドライバーズチャンピオンシップで4位に導き、Prema Racingに続くチームの順位で2位になりました。

F2のプレシーズンテストは3月1〜3日にバーレーンで行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2