F2
FIA-F2選手権は、BWTアーデンが今シーズン限りで撤退し、2020年から新たにHWA AGが参戦することを発表した。

今年、HWA AGは、アーデンとパートナーシップを組んで下位カテゴリーであるFIA-F3に初参戦。合計4回の表彰台を獲得して5位でシーズンを終えている。アーデンは2005年に当時のGP2の開始以来、同シリーズに参戦していた。

HWAは、メルセデスAMGのパーツを製造するドイツ企業。来季からHWAはアーデンのステータスを完全に引き継ぐことになる。

HWAのCEOを務めるウルリッヒ・フリッツは「若いドライバー向けのフォーミュラシリーズでのこの新たなチャレンジを楽しみにしてる。FIA-F3選手権への関与と並び、我々は現在、FIAフォーミュラピラミッドの次のレベルにも進出し、才能のあるモータースポーツのヤングスターの継続的な発展を保証していていく」とコメント。

「それはHWAの360°モータースポーツの専門知識のさらなる証拠でもある。若いドライバーのプロモーションからフォーミュラE、DTMやGTレースに至るまで、今では信じられないほど幅広い分布をカバーしている」

HWAは、メルセデスDTMチームの運営で最もよく知られているが、いくつかのジュニアカテゴリへのエントリーのおかげで、近年ではシングルシーターのプロファイルで成長している。また、シーズン5にフォーミュラEにエントリーし、シーズン6から参戦するメルセデスEQチームの場所を保持するためにチャンピオンシップでプレースホルダーの役割を果たした。

アーデンのF2での最終シーズンは激動の一年となった。タチアナ・カルデロンは2019年にポイントを獲得していない。アントニーヌ・ユベールは、モナコとフランスでの勝利を含めて、多くの場合ポイントを獲得したが、8月末のスパ・フランコルシャンでのクラッシュで悲劇的な死を遂げた。

「アーデンは20年以上にわたってプレミアF1フィーダーシリーズに参戦してきたが、現在は他の道を探求するためにこのカテゴリから撤退することを決断した」とアーデンのCEOでチームプリンシパルのギャリー・ホーナーは語った。

「我々はGP2およびF2選手権での時間を楽しんできた。今後、どこかの時点でグリッドへの復帰を検討する可能性はある。ありえないなんてことはない・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2