F2
ホンダF1の育成ドライバーである松下信治が、モンツァで開催されたF2選手権第10戦イタリア大会のレース1で今季2勝目を挙げてランキング6位に浮上した。

午後5時のレース開始時、モンツァは好天となり、気温23℃、路面温度33℃のコンディション。松下信治(Carlin)は、上位車が燃料規定の違反で予選ノータイムとなったため、グリッドが一つ繰り上がり3列目5番手からのスタートとなった。

好ダッシュを決めた松下松下は、1コーナーでの混乱したポジション争いをうまくしのぎ、3番手に順位を上げる。2周目の1コーナーでは2番手とのブレーキング争いを制し2番手に。トップとの差を詰める松下は、5周目に首位を捕えてトップに立つ。ソフトタイヤでスタートした松下信治は7周目にピットインし、タイヤ交換。同じ戦略のマシンの中では、トップをキープしてレースに戻る。レース中盤、背後に迫られ、一時はコンマ5秒差まで詰め寄られるが、落ち着いたレース運びで事実上の首位をキープ。全車がタイヤ交換を終えた22周目に再びトップに立つと、後続との差を広げて、危なげなくトップチェッカーを受けた。

松下信治は、第6戦オーストリア大会以来の勝利で、今季2勝目を飾り、シリーズランキングは6位に浮上。ランキング上位との差を大幅に縮めている。

レース2は8日(日)午前10時50分(日本時間午後5時50分)にスタート。リバースグリッドにより、松下信治は4列目8番手から連続での表彰台を目指す。

松下信治(レース1・優勝)
「持っているものを出せたレースです。これで予選でのミスは償えたかな、と思います。モンツァは得意だし、ペースがいいこともわかっていたので、自分にとっては普通のレースでした。スタートがよかったのですが、(1コーナーは)ちょっと危なかったです。少し接触もありました。ダメージがなくてよかったのですが、最初に当たったのが原因で、結局途中で翼端板が飛んでしまいました。僕はブレーキが強いので、2番手に上がった時、(相手は)同じところでブレーキして止まれなかったのでしょう。トップに立った時は、相手が最初かなり飛ばしてタイヤが苦しくなったのだと思います。抜く時は普通に抜けました。タイヤを交換した後、背後に迫ってきましたが、あの段階では『抜かれてもいい』くらいの感じでした。ちょっと僕がプッシュすると、その分離れたので大丈夫だと思ったし、あそこで無理をするとこちらのタイヤにダメージが出てしまうので、あまり気にはしませんでした。レース2はペースも速くなるだろうし、タイヤマネージメントをうまくやって、また表彰台に上がれるようがんばります」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2