FIA、F1バーレーンGP後にバルテリ・ボッタスのF1マシンを分解して検査
FIA(国際自動車連盟)は、F1バーレーンGP後にバルテリ・ボッタス(メルセデス)のF1マシンを分解して3時間にわたってチェックした。

2021年の開幕戦の直前、FIAはすべてのチームが規制に準拠していることを確認するために、今年のレース週末ごとに1台のF1マシンをランダムに押収して“分解”と“より詳細な技術チェック”を行うことを決定した。

「FIAは不正をさらに難しくしたいと考えている」と Auto Motor und Sport の記者を務めるマイケル・シュミットは語った。

マイケル・シュミットによると、F1バーレーンGPのレス後にランダムに選択されて最初に分解されたマシンはバルテリ・ボッタスのメルセデスだったと語った。

「3位のシルバーアローは、技術専門家によって3時間テストされた」とマイケル・シュミット氏は述べた。

FIAの技術代表を務めるニコラス・トンバジスは次のように説明している。

「我々は、すべての疑問が取り除かれるようにこれを行いたかった。疑惑が排除されるため、これはチームにもメリットがある」

関連:F1:決勝後に1台のF1マシンをランダムに選択して規則違反を詳細チェッ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / メルセデス / バルテリ・ボッタス