F1:ロス・ブラウン 「アスファルトの方がグラベルより優れた解決策」
F1の競技担当マネージングディレクターをロス・ブラウンは、現在のアスファルトのランオフエリアは、トラックリミット超過に対処するにはグラベルトラップよりも優れたソリューションであると考えている。

ソチ・オートドロームで開催されたF1ロシアGPでは、マクラーレンのカルロス・サインツがオープニングラップでターン2でクラッシュ。悪名高いコーナーとして特徴づけられることになった。

ダニエル・リカルドとロマン・グロージャンもターン2の犠牲者であり、レース後に今後のコーナーのデザイン変更を促した。

「今週末、サーキットにはいくつかの論争の的となった部分があった。FIAはそれらのことをどのように見ているかについて非常に客観的で建設的だと思っている」とロス・ブラウンはF1ロシアGP後にコメントした。

「彼らはターン2の事件を調べて、より良いソリューションがあるかどうかを確認すると確信している」

アスファルトとグラベルのどちらをランオフエリアで使用すべきかについての議論は、最近のF1トスカーナGPで再熱した。ムジェロ・サーキットのコーナーではすぐにグラベルトラップにはまったドライバーが数名いた。

ロス・ブラウンはグラベルトラップの抑止力を認識しているが、トラックリミットの超過に対処することに関しては、アスファルトが依然として最良の妥協点であると考えている。

「ドライバーがトラックミットを超過するのを阻止するための絶え間ない戦いがある。グラベルであれば、トラックリミットを超過することはないだろう。アスファルトの場合はそれができてしまう」

「しかし、あちこちにグラベルがあれば、コース上に砂利が撒き散らされて、彼らがコースオフすれば、マシンを失うことになる。それは避けたい」

「つまり違反があるのは嫌なことだが、違反をしなくても酷い目に合うことがある。アスファルトは優れた対策だが、ドライバーがアスファルトのランオフエリアを走らないようにトラックリミットを確実に設ける必要がある」

「コーナーに進入する際に起きる最悪の事態が、アスファルト上をはみでて走行しコースに再合流することだと分かっていれば、コーナーにもっとコミットするようになるだろう」

「FIAと、FIAのF1レースディレクターであるマイケル・マシが、ターン2を確認し、より良い解決策があるか検討すると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA / リバティ・メディア