F1、ベルギーGPからF1エンジンの“予選モード”を禁止の可能性
メルセデスF1によって開拓された予選でF1エンジンをハイパフォーマンスに設定する“予選モード”は、2020年のF1世界選手権 第7戦 ベルギーGPから禁止するとされている。

FIA(国際自動車連盟)は、予選で使用される特別なエンジンモードに新しい制限を課すことを望んでいることをF1チームに通知した。

メルセデスF1は、V6ハイブリッド時代に予選で“パーティーモード”と称するハイパフォーマンスモードを導入した最初のチームであり、他のエンジンメーカーに予選とレースの重要な瞬間にマシンからより多くのパフォーマンスを引き出すセッティングを開発するよう促した。

だが、予選モードはパワーユニットに負荷を与えるため、信頼性という観点でレース距離全体で常に使用することはできない。

「僕たちがずっとフルパワーで走らない唯一の理由は信頼性だ」とハースのF1ドライバーを務めるケビン・マグヌッセンはF1スペインGP前の記者会見で説明した。

「僕たちにとって重要なのは、どれだけ競争力があるかだ。それだけのことだと思う」

「パワーを上げたり下げたりしていると、様々なコーナーのブレーキングポイントやエントリーポイントが複雑になることがある。ドライバーとしては週末ずっと同じパワーの方がいいね」

「重要なことは競争力を持つことであり、それがみんなが見ているものだ。エンジンからできるだけ多くのパワーを引き出そうとしている」

ケビン・マグナッセンは、予選モードを制限することがプラクティスでの走行の減少につながるかもしれないと考えている。

「週末全体で1つのエンジンマップのみを走らせることが許可された場合、プラクティスなどで走行を制限することになるだろう。それは僕の推測に過ぎないけど、どうなるか見てみよう」

いくつかの報道によると、2021年シーズンの予選とレースの両方でチームが同じICEモードを走らせる意図を概説する手紙がFIAからチームに送信されたという。

だが、その制限は今月末のF1ベルギーGPからすぐに課される可能性があると理解されている。その変更が有効になった場合、F1チームは現在の“予選モード”を使用できるのは今週末のF1スペインGPが最後となる。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーとドライバーのマックス・フェルスタッペンは、現在のメルセデスに対する赤字は、チームが予選でエンジンを走らせる方法の違いに大きく起因していると考えている。

ハースのF1ドライバーだるロマン・グロジャンは、先週末の70周年記念GPで、ウィリアムズのニコラス・ラティフィがチームメイトのケビン・マグナッセンでをオーバーテイクしたときのオンボードでメルセデスのハイパフォーマンス・エンジンモードの利点を目撃したと語る。

「前回のレースのオンボードを見ていて、ニコラス・ラティフィがターン9とターン10でケビンをオーバーテイクしたのを目にした。明らかに彼らには非常に強力なボタンがあった。メルセデスエンジンを搭載しているのは彼らにとって良いことだ。あそこはオーバーテイクできる場所ではない」とロマン・グロージャンは語った。

エンジンモードの影響について、ニコラス・ラフィティは「間違いなく注目に値するものだ。エンジンに少しパンチの効く感じだ」とコメント。

「バッテリーのデプロイメントをフルに使うので最後は何も残らない。その部分を失うのは残念だ」」

ウィリアムズのチームメイトであるジョージ・ラッセルは、F1から予選モードが失われるのは“残念”だと考えている。

「すべてのエンジンメーカーがマシンに予選のためのブーストを備えていると思う」とジョージ・ラッセルは語る。

「週末全体で最も少ない燃料を搭載し、最速のエンジンモードで走る。そのラップに向けて、最も気合を入れる。すべてが少し特別に感じられるし、マシンからより多くのものを引き出すことができる。それは週末の非常にエキサイティングな部分であり、それがなくなってしまうのは残念だね」

アルファロメオのF1ドライバーであるキミ・ライコネンは、フェラーリが2020年シーズンに“パーティーモード”を提供していないことを確認しており、技術指令がフェラーリのF1エンジンを搭載したマシンに影響を与えることはほとんどないと考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン