F1、レッドブル・ホンダのリアウイングの巧妙な設計の阻止に動く
FIA(国際自動車連盟)は、レギュレーションを回避するためにますます巧妙な設計を採用しているF1チーム - おそらくレッドブル・ホンダ - の動きを阻止するためにリアウイングの柔軟性テストの変更を評価している。

過去数年にわたり、FIAは、F1チームが高速走行中にリアウイングを下げてドラッグを低下させることを防ぐために、リアウイングの静的プルバックテスト(負荷テスト)を実施している。

現在、FIAは垂直と水平の2つのテストを実施しており、リアウイングが大きく曲がらないことを確認している。

1つ目のテストでは500Nの荷重が水平方向に加えられ、リアウイングのたわみが水平方向に7mm以下である必要がある。2つ目のテストでは、200Nの荷重が垂直方向に加えられ、リアウイングのたわみが垂直方向に2mm以下であることが条件となっている。

ただし、F1チームの設計は非常に洗練されており、リアウイングがこれらの両方のテストに合格するのに十分な強度を確保しつつ、フルレーススピードのときにそのスピードによって後方に回転することを可能にしている。

F1シュタイアーマルクGPのオンボード映像では、一部のマシンのリアウイングが限界を超えて動いているように見えた。明確な例のひとつがレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンでのリアウイングだった。レース後半のバルテリ・ボッタスのバトル中にリアウイングが動いていることが確認されている。

だが、これがレッドブル・ホンダF1の意図によるものなのか、もしくはリアウイングが脆弱に作られていたのかは明らかになっていない。レッドブル・ホンダF1は、マックス・フェルスタッペンのマシンのフロントウイングのエンドプレートが損傷し、その破片によってリアウイングがダメージを負っていたことを後に説明している。

意図が何であれ、リアウイングの屈曲はFIAの監視下にあり、FIAはコース上でのリアウイングの動き方によりうまく適合できるようなテスト形式に変更する方法を見つけたいと語った。

レッドブル・ホンダF1のリアウイングに疑惑の目が向けられるなかで、テストを変更する動きが出てきたのかと質問されたFIAのシングルシーター責任者のニコラス・トンバジスは「レッドブルや他の競争相手について具体的に話しているわけではないが、我々はリアウィングの柔軟性を調査している」とコメント。

「遠くない将来に、レギュレーションとたわみテストを強化したいと考えている。だが、我々はそれを合理的かつ慎重に実施したい。焦って間違った判断をしないようにしたいと思っている」

ニコラス・トンバジスは、F1チームは、ピットでテストした際にリアウイングの設計が完全に合法であることが保証されても、コース上で屈曲させるように巧妙な設計をすることは可能だと語る。

「空力弾性のためのベストのたわみ規制は、コンポーネントがコース上で見ることができる実際の荷重ケースを最も厳密に模倣するものことだ。言い換えれば、ウイングにかかる力は、通常、下向きと後ろ向きのおよそ40度程度だ」

「現在、私たちがかけている荷重には、水平方向の引き戻しと垂直方向の荷重があり、トレーリングエッジなどのいくつかより小さな荷重もある」

「だが、我々はそれがおそらく少し時代遅れになっていると感じており、F1チームは、負荷テストとコース上でかかる荷重が少し異なるという事実を利用し、FIAが荷重をかける場所では最も抵抗力があるが、リアの空力負荷がかかる場所では抵抗を弱めるように設計している可能性がある」

「我々はその問題に取り組みたいと思っている。5分で済むような仕事ではありませんが、我々の仕事リストに載っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / レッドブル / ホンダF1