F1
FIA(国際自動車連盟)は、2021年からF1で採用する標準的な燃料流量計のサプライヤーの入札を開始した。

2019年シーズン後半、フェラーリのF1エンジンが飛躍的な進歩を果たしたことで、F1のハイブリッドエンジンの燃料流量に関する議論が浮上した。レッドブルの質問と結び付けられた推測は、FIAが燃料流量を明確化するための3回の技術指令の公開へとつながった。

FIAは、2021年から導入される競技、技術、財政規則を含めた新しいF1レギュレーションにおいて、将来発生する可能性のある流量をめぐる潜在的な論争を回避するためにエンジンメーカーに標準メーターの使用を強制する。

入札の締め切りはF1オーストラリアGP初日の3月15日となり、4月中旬にはサプライヤーが決定すると考えられている。契約は2021年、2022年、2023年の3年間となるが、FIAは契約を2024年または2025年まで延長できる。

2021年の技術規則の5.11.3項には「燃料流量計は、FIAによって決定された仕様に合わせてFIA世界モータースポーツ評議会によって指定された単一のサプライヤーによって製造される。このセンサーは、FIA技術部の指定に従ってのみ使用できる。さらに、パワーユニットに供給されるすべての燃料は、この公認センサーを通過する必要があり、5.11.2項に記載の燃料噴射装置によって燃焼室に供給される必要がる」と記されている。

「FIAは、燃料流量測定に関する規制を改善するために2019年に技術指令(TD / 042-19)を発行し、2020年シーズンに向けて2番目の燃料流量計を義務付けた。現在、自動車には2つのセンサーが同時に取り付けられており、これは2021年以降もそのままである可​​能性が高いが、これはFIAの独自の裁量で確定できる」

潜在的なサプライヤーは、製品の予定価格も明記する必要がある。

燃料計の価格に関してFIAは「走行時間100時間の保証付きで5000ポンドを超えてはならない。走行時間100時間の追加費用は500ポンドを超えてはならない。流量計の寿命はいかなる状況でも、400時間以上でなければなりません」としている。

2020年のF1世界選手権では、チームは最初のセンサーを8台、2台目のセンサーを4台使用できるが、この制限にはテストとダイナモでの走行には含まれない。これらの制限は2021年まで継続することが予想されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA