F1 F1マシン
フェラーリのF1チーム代表マウリツィオ・アリバネーネは、彼のチームのエンジニアたちは2021年F1マシンのコンセプトカーのデザインに感銘を受けてはいないと語った。

F1は9月14日(金)、大幅なレギュレーション変更が予定されている2021年に導入を目指しているマシンデザインのいくつかのコンセプトデザインを提示した。

F1パドックでは概してポジティブな反応が見られていたようだが、マウリツィオ・アリバベーネは、スクデリア・フェラーリの技術スタッフはあまり乗り気ではないと語る。

「数日前にロスから発表されたクルマを見せてもらっていた。良いエクササイズだ」とマウリツィオ・アリバベーネはコメント。

「エンジニアにどう思うか聞いてみた。彼らの意見は面白みに欠けるというものだったし、古いチャンプカーのようだと言っていた。だが、それはエクササイズだ」

F1は、“レースを改善し、ルックスを向上させる”F1マシンを製造するための取り組みの一環としてこの変更を推進している。

マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、デザインを受け入れてはいるようだが、F1は他のシリーズを真似たと考えている。

「ポジティブな変更だ」とフェルナンド・アロンソは El Mundo Sportivo にコメント。

「フォーミュラ・ルノーやインディカーのように見える。彼らはうまくいくとわかっているアイデアをコピーしている」

元F1ドライバーのデビッド・クルサードは Channel 4 の番組内で「彼らはフォーミュラEからスタイリングをいくつかパクったと思う」と述べて、司会者から「それはこの番組で言ってはいけない言葉だ」とたしなめられていた。

関連:F1 | 2021年 F1マシンの3種類のコンセプトデザインを正式公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン | フェラーリ