アストンマーティン F1レギュレーション 国際自動車連盟
アストンマーティンのCEOを務めるアンディ・パーマーは、31日(火)に発表された2021年のF1エンジン計画の方向性は“励みになる”ものだと語る。

FIA(国際自動車連盟)とF1オーナーのリバティ・メディアは、F1チームやアストンマーティを含めた潜在的なサプライヤー出席のもと、パリで2021年に導入を予定している新しいF1エンジンレギュレーションのプレゼンテーションを行った。

アストンマーティンは、エンジンサプライヤーとしてF1に参入することを検討しており、フェラーリから人員を採用するなど準備を進めている。

「アスアトンマーティンは最近のFIAミーティングに出席し、潜在的なソリューションの提案に深く関わってきた」とアンディ・パーマーは Autosport にコメント。

「我々はその方向性に励まされており、2021年の潜在的なアストンマーティノのソリューションのための研究を継続している」

「独立系サプライヤーの参加を可能にするには、開発コストをどのように管理するかが鍵となる」

新しいF1レギュレーションについては、今シーズン末までに2021年のエンンジン仕様の全体的な枠組みを策定し、今後12ヶ月でさらなる詳細が煮詰められていく予定となっている。

F1とFIAの提案では、現在の1.6リッター V6ターボハイブリッドエンジンを継続するが、コストを抑えるためにMGU-Hは廃止し、サウンドを向上されるたえに回転するをさらに3000rpm高めるとされている。

アストンマーティンは、エンジン会議で積極的に役割を果たしており、今年初めには新しいF1エンジンがどのように形成されるかのビジョンをFIAに提出している。

アストンマーティンは、ヴァルキリーの開発でコスワースとリカルドと仕事をしており、独立系エンジンの製造に興味を持つ他のブレンドと仕事をした経験がある。

また、コンサルタントとして、フェラーリのエンジン責任者のルカ・マルモーニも関与している。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、将来的にアストンマーティンのF1エンジンを搭載することに“完全にオープン”だと述べている。

アストンマーティンは、2018年からレッドブルのタイトルスポンサーを務め、『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』として参戦することが決定している。

関連:【F1】 2021年のF1エンジン仕様を概説…MGU-Hを廃止した1.6L V6ターボ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン